メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

年末年始「隔世の感」を感じることが重なりました。まずはおせち料理です。この数年、あれこれ買っては「なんと便利になったものだ」と思っていたのですが、あるコンビニエンスストアのチラシを見てびっくりしました。数十種類ある小分け…

専門職応援一覧

同性の親子の高齢者虐待の事例を続けて何件か検討し、共通点があることに気づきました。それは、支配的な親とそこに依存して育った子どもの行く末、という点です。一番の問題は、子どもの主体性が十分に育たないことです。たとえ良い結果…

専門職応援一覧

地ならしの後は共通過程に進みます。以下、順を追ってご紹介します。1洞察を促進する「問題は、相談者役が無自覚のうちに何かに囚われて、真実がみえなくなっているために発生する。だから、囚われていたことを自ら洞察(無自覚のものを…

専門職応援一覧

信頼関係を構築しようとするときは、回り道のようですが、事前に相談者のタイプに応じた「地ならし」をしておくと、ことはスムーズに運びます。そこで、このブログでご紹介した養護者支援の方法を、従事者向けにアレンジしてみました。◯…

専門職応援一覧

従事者研修の終了後、不適切なケアや虐待をしそうな職員に対する処遇方法ついてご相談を受けることがあります。案外その数は多いため、職員同士が互いに支援し合う方法を考えてみました。上司や育成担当だけで対応するには限界があるから…

専門職応援一覧

来日したフランシスコ第266代ローマ教皇は、知れば知るほど魅力的な人物に思えてきます。しかし、虐待防止に取り組む私に「本当にそれで良いのですか?」と問いかけてくるようでもあり、冷や汗をかくような気もします。教皇は、アメリカ…

専門職応援一覧

社会福祉の分野では最近、意思決定支援がよく話題に上ります。私の周囲でも、盛んに「支援者の説明する力が問われる」といった話をしています。ケアの目的や方法、結果として利用者に生じる利益と不利益など、説明することが沢山あるから…

専門職応援一覧

いつもお世話になっている中央法規出版様の雑誌「おはよう21」に、従事者による不適切なケアに関する記事を書かせて頂くことになりました。その記事では、不適切なケアを4つに分類しているのですが、原稿を書いているときに、ふとしたア…

専門職応援一覧

彼の父親は結婚に乗り気ではありませんでしたが、母親が彼を妊娠したため、仕方なく結婚しました。母親は、父親が乗り気でないと知っていましたが、生まれてくる彼が「かすがい」になると期待して結婚しました。ところが父親は、彼に関心…

専門職応援一覧

先日、大学1年生たちに、どうして社会福祉を学ぶことにしたのか、その動機を尋ねてみました。高校生のときのボランティア活動を通して関心を持ったとか、身近なところに社会福祉関係の仕事をしている人がいて影響を受けたなど、いろいろ…