メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » ケアマネジャー

月イチ確認テスト

前の月の「今日の一問一答」の問題から20問を抜粋し、月に一回、「確認テスト」を開催します。満点が取れるまで繰り返しチャレンジしてはいかがでしょうか?

2020ケアマネ試験 合格へのスタート‼
2019ケアマネ試験ラストスパート!!頑張りましょう!! 信頼度No.1の中央法規出版『ケアマネジャー受験対策商品2019』はこちら!!
2020ケアマネ 要点マスター


2020年02月分の確認テスト

2020年03月13日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

設問
1
末期の悪性腫瘍の患者は、介護保険の訪問看護は利用できない。
 
設問
2
訪問看護について:訪問看護事業所の従業者は、すべて看護師又は保健師でなければならない。
 
設問
3
訪問看護について:看護体制強化加算は、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算の各々について一定の要件を満たした場合に認められる。
 
設問
4
訪問看護について:ターミナルケア加算は、死亡日にターミナルケアを実施した場合に加算できる。
 
設問
5
訪問看護について:急性増悪時に主治医が特別訪問看護指示書を交付した場合には、訪問看護はその指示の日から2週間に限って介護保険から給付される。
 
設問
6
居宅療養管理指導について:主治医は、サービス担当者会議への参加が難しい場合は、原則として、文書等により介護支援専門員に必要な情報提供を行う。
 
設問
7
居宅療養管理指導について:薬剤師が行う居宅療養管理指導は、薬局の薬剤師に限定されている。
 
設問
8
居宅療養管理指導について:サービス担当者会議は、居宅療養管理指導を行う医師又は歯科医師が利用者宅に訪問するときに、開催することが可能である。
 
設問
9
薬剤について:麻薬は、口渇の原因となり得る薬剤である。
 
設問
10
高齢者の薬物療法について:薬剤によっては同時に摂取しないほうがよい食品があるので、食事内容についても情報を得る。
 
設問
11
薬剤について:飲み忘れを防止するためには、「お薬カレンダー」などを利用する。
 
設問
12
降圧薬の副作用には、めまいやふらつきがある。
 
設問
13
短期入所療養介護について:喀痰吸引を必要とする要介護高齢者は、介護老人保健施設での短期入所療養介護を利用できない。
 
設問
14
短期入所療養介護について:介護老人保健施設の短期入所療養介護では、看護職員又は介護職員の員数の合計は、常勤換算方法で利用者の数に対し6:1以上である。
 
設問
15
短期入所療養介護について:入所が4日以上になる場合は、居宅サービス計画に沿って短期入所療養介護計画を作成しなければならない。
 
設問
16
短期入所療養介護について:緊急短期入所受入加算は、居宅サービス計画にない短期入所療養介護を緊急に行った場合に、7日を限度として算定できる。
 
設問
17
介護予防訪問リハビリテーションを介護予防サービスに位置付ける場合には、主治医の指示があることを確認する。
 
設問
18
訪問看護について:介護保険の訪問看護費は、看護小規模多機能型居宅介護と併用して算定できる。
 
設問
19
介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設であるため、看取りは行わない。
 
設問
20
介護老人保健施設には、肺炎、尿路感染症又は帯状疱疹について、投薬、検査、注射、処置等を行った場合の加算がある。
 

採点結果

あなたの得点は 点です。

問題と解答・解説

設問
1
末期の悪性腫瘍の患者は、介護保険の訪問看護は利用できない。
正しい答えは『○
末期の悪性腫瘍の場合、医療保険の訪問看護を利用することとなる。
設問
2
訪問看護について:訪問看護事業所の従業者は、すべて看護師又は保健師でなければならない。
正しい答えは『×
訪問看護事業所(訪問看護ステーションの場合)では、看護職員(保健師・看護師・准看護師)を常勤換算で2.5人以上置くこと、また理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を事業所の実情に応じた適当数置くこととされている。
設問
3
訪問看護について:看護体制強化加算は、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算の各々について一定の要件を満たした場合に認められる。
正しい答えは『○
看護体制強化加算は、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算の各々が一定の要件を満たした場合に算定することができる。
設問
4
訪問看護について:ターミナルケア加算は、死亡日にターミナルケアを実施した場合に加算できる。
正しい答えは『×
ターミナルケア加算は、利用者の死亡日及び死亡日前14日以内に2日(死亡日及び死亡日前14日以内に医療保険による訪問看護の提供を受けている場合は1日)以上ターミナルケアを実施した場合に算定できる。
設問
5
訪問看護について:急性増悪時に主治医が特別訪問看護指示書を交付した場合には、訪問看護はその指示の日から2週間に限って介護保険から給付される。
正しい答えは『×
病状が悪化するなど急性増悪のときは、主治医より特別訪問看護指示書が訪問看護事業所に対して交付される。この場合、14日間に限り毎日、訪問看護を提供することができる。その際の訪問看護は、介護保険ではなく医療保険からの給付となる。
設問
6
居宅療養管理指導について:主治医は、サービス担当者会議への参加が難しい場合は、原則として、文書等により介護支援専門員に必要な情報提供を行う。
正しい答えは『○
居宅サービス計画(ケアプラン)の作成等に必要な情報提供は、医師や歯科医師のサービス担当者会議への参加により行うことが基本である。サービス担当者会議への参加が難しい場合は、利用者の病状や経過、介護サービスを利用するうえでの留意点や介護方法等の情報提供すべき事項について、原則として、文書等により介護支援専門員へ情報提供を行う。
設問
7
居宅療養管理指導について:薬剤師が行う居宅療養管理指導は、薬局の薬剤師に限定されている。
正しい答えは『×
薬剤師が行う居宅療養管理指導は、薬局の薬剤師が行う場合と、病院又は診療所の薬剤師が行う場合とがある。いずれの場合も、医師又は歯科医師の指示が必要である。
設問
8
居宅療養管理指導について:サービス担当者会議は、居宅療養管理指導を行う医師又は歯科医師が利用者宅に訪問するときに、開催することが可能である。
正しい答えは『○
サービス担当者会議は、利用者、家族、サービス提供機関の担当職員等と、利用者の生活全体の共通理解をし、居宅サービス計画の内容を検討する場である。主治の医師や歯科医師に参加してもらうことが大切であり、定期的な訪問診療の日時に合わせて利用者宅で開催することも可能である。
設問
9
薬剤について:麻薬は、口渇の原因となり得る薬剤である。
正しい答えは『○
モルヒネやコデインなどの麻薬は、口渇の原因と考えられる薬剤である。
設問
10
高齢者の薬物療法について:薬剤によっては同時に摂取しないほうがよい食品があるので、食事内容についても情報を得る。
正しい答えは『○
肝臓に入った薬は、酵素のはたらきにより水に溶けやすくなるよう代謝される。この酵素のはたらきに影響を与えるものとして、グレープフルーツがあり、注意が必要である。
設問
11
薬剤について:飲み忘れを防止するためには、「お薬カレンダー」などを利用する。
正しい答えは『○
視覚や聴覚の低下がある場合でも、できるだけ利用者自身が自立して薬を管理服用できるよう「お薬カレンダー」や「ケース」などを利用する。
設問
12
降圧薬の副作用には、めまいやふらつきがある。
正しい答えは『○
降圧薬には、カルシウム拮抗剤、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、α遮断薬などがある。α遮断薬の副作用には、起立性低血圧によるめまいやふらつき、動悸などがある。
設問
13
短期入所療養介護について:喀痰吸引を必要とする要介護高齢者は、介護老人保健施設での短期入所療養介護を利用できない。
正しい答えは『×
医療ニーズの高い短期入所療養介護の利用者は、介護老人保健施設より病院・診療所のほうが多いが、喀痰吸引や経鼻経管・胃ろうを必要とする場合であっても、介護老人保健施設での短期入所療養介護を利用することができる。
設問
14
短期入所療養介護について:介護老人保健施設の短期入所療養介護では、看護職員又は介護職員の員数の合計は、常勤換算方法で利用者の数に対し6:1以上である。
正しい答えは『×
介護老人保健施設の短期入所療養介護では、看護職員又は介護職員の員数の合計は、常勤換算方法で利用者の数に対し3:1以上である。
設問
15
短期入所療養介護について:入所が4日以上になる場合は、居宅サービス計画に沿って短期入所療養介護計画を作成しなければならない。
正しい答えは『○
短期入所療養介護では、相当期間(おおむね4日)以上入所することが予定されている場合は、利用者の心身の状況、希望、環境、医師の診療の方針等を踏まえ、居宅サービス計画に沿って短期入所療養介護計画を作成しなければならない。
設問
16
短期入所療養介護について:緊急短期入所受入加算は、居宅サービス計画にない短期入所療養介護を緊急に行った場合に、7日を限度として算定できる。
正しい答えは『○
居宅サービス計画にない短期入所療養介護を緊急に行った場合は、利用を開始した日から起算して7日を限度として算定することができる。ただし、認知症行動・心理症状緊急対応加算を算定している場合には、算定できない。
設問
17
介護予防訪問リハビリテーションを介護予防サービスに位置付ける場合には、主治医の指示があることを確認する。
正しい答えは『○
介護予防訪問リハビリテーションは、介護予防を目的として要支援者に提供されるサービスである。開始する場合には、主治医の指示が必要である。
設問
18
訪問看護について:介護保険の訪問看護費は、看護小規模多機能型居宅介護と併用して算定できる。
正しい答えは『×
看護小規模多機能型居宅介護を受けている場合は、訪問リハビリテーション費、居宅療養管理指導費、福祉用具貸与費以外の居宅サービスならびに地域密着型サービスにかかる費用は算定できない。
設問
19
介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設であるため、看取りは行わない。
正しい答えは『×
介護老人保健施設は、在宅復帰を目指す施設ではあるが、看取りを行うことも可能である。なお、入所者に対し計画的にターミナルケアを行った場合、その人が死亡した日の30日以前のターミナルケアについてターミナルケア加算を算定することができる。
設問
20
介護老人保健施設には、肺炎、尿路感染症又は帯状疱疹について、投薬、検査、注射、処置等を行った場合の加算がある。
正しい答えは『○
2012(平成24)年4月の介護報酬の改正により、介護老人保健施設では、肺炎、尿路感染症、帯状疱疹の治療について、所定疾患施設療養費が算定できることとなった。

もっと問題を解きたい人はケアマネ受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ問題集

ケアマネ合格アプリ2020 過去問+問題集+一問一答

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネ合格アプリ2020」は【過去問】、【問題集】、【一問一答】を収録!!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。