メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » ケアマネジャー

月イチ確認テスト

前の月の「今日の一問一答」の問題から20問を抜粋し、月に一回、「確認テスト」を開催します。満点が取れるまで繰り返しチャレンジしてはいかがでしょうか?

2019ケアマネ試験に向け受験勉強スタート!! 信頼度No.1の中央法規出版『ケアマネジャー受験対策商品2019』はこちら!!

中央法規の『受験対策セミナー』『統一模試会場受験』でケアマネ試験合格へと突き進もう!!

2019年05月分の確認テスト

2019年06月14日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

設問
1
介護老人保健施設について:入所者の居宅における外泊時には、介護保健施設サービス費は算定できないが、外泊時費用を月に6日まで算定できる。
 
設問
2
介護老人保健施設について:在宅復帰支援機能加算の算定には、入所者が希望する指定居宅介護支援事業者への情報提供が要件となる。
 
設問
3
高齢者の疾患について:老年症候群には、認知症、うつなど精神疾患・精神症状も含まれる。
 
設問
4
慢性心不全に用いられるジギタリス製剤や認知症治療薬は、食欲不振の原因になることがある。
 
設問
5
高齢者に多い症状・疾患について:高齢者の難聴では、伝音性難聴が多い。
 
設問
6
高齢者は、感染症に罹患すれば、必ず発熱する。
 
設問
7
脳血栓は、血圧が低下したときに生じやすい。
 
設問
8
認知症について:若年性認知症者は、自立支援医療の対象となる。
 
設問
9
神経難病について:パーキンソン病の治療は、薬物療法が基本である。
 
設問
10
神経難病について:進行性核上性麻痺では、思考の遅延や無感情などの認知機能低下を早期から認めやすい。
 
設問
11
循環器に関する記述について:心筋梗塞、弁膜症による心不全では、呼吸困難などの呼吸器症状は出現しない。
 
設問
12
呼吸器疾患について:慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、発症すると症状は改善しないため、禁煙する必要はない。
 
設問
13
上肢の浮腫は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の高齢者の特徴である。
 
設問
14
感染管理について:施設入所者に2週間以上咳が続いているため、結核を疑い、医師に報告した。
 
設問
15
高齢者のがんとターミナルケアについて:介護老人保健施設入所者に対するがんの治療は、医療保険の適用について制限を受けない。
 
設問
16
高齢女性は、骨粗鬆症が多いので、転倒により容易に骨折を起こしやすい。
 
設問
17
ノルウェー疥癬(角化型疥癬)では、タオルなど肌に直接触れるものは共用しないが、予防衣や手袋の着用は不要である。
 
設問
18
皮膚疾患について:皮脂欠乏症は患部を清潔に保つことが悪化予防になることから、ナイロンタオルなどを使ってよく洗う。
 
設問
19
バイタルサインについて:低体温は、環境要因に加えて、低栄養や甲状腺機能低下症、薬剤による体温調節機能不全で起きる。
 
設問
20
心室性期外収縮は、健康な人ではみられない。
 

採点結果

あなたの得点は 点です。

問題と解答・解説

設問
1
介護老人保健施設について:入所者の居宅における外泊時には、介護保健施設サービス費は算定できないが、外泊時費用を月に6日まで算定できる。
正しい答えは『○
入所者が外泊をした場合は、基本的な介護保健施設サービス費は算定できないが、1か月に6日まで外泊時費用を算定することができる。
設問
2
介護老人保健施設について:在宅復帰支援機能加算の算定には、入所者が希望する指定居宅介護支援事業者への情報提供が要件となる。
正しい答えは『○
在宅復帰支援機能加算は、入所者の家族との連絡調整を行い、入所者が利用を希望する指定居宅介護支援事業者に対して、居宅サービスに必要な情報の提供ならびに退所後の居宅サービスの利用に関する調整を行った場合に、算定することができる。
設問
3
高齢者の疾患について:老年症候群には、認知症、うつなど精神疾患・精神症状も含まれる。
正しい答えは『○
老年症候群とは、高齢期の生活機能を低下させ、さらにQOLを低下させる症状・病態を指す。意識障害、せん妄、抑うつ、認知機能障害、不眠、低栄養、食欲不振、脱水、視聴覚障害、手足のしびれなど多様である。
設問
4
慢性心不全に用いられるジギタリス製剤や認知症治療薬は、食欲不振の原因になることがある。
正しい答えは『○
慢性心不全に使用されるジギタリス製剤、認知症治療薬など食欲不振の原因となっている薬物も多い。
設問
5
高齢者に多い症状・疾患について:高齢者の難聴では、伝音性難聴が多い。
正しい答えは『×
高齢者の難聴には、中耳の硬化や感染が原因で起きる伝音性難聴も認められるが、加齢変化により内耳の感覚細胞が機能低下をきたして生じる感音性難聴のほうが多く生じ、特に男性で高頻度にみられる。
設問
6
高齢者は、感染症に罹患すれば、必ず発熱する。
正しい答えは『×
高齢者では、症状が非定型的であるため、感染症に罹患しても必ず発熱の症状が出るとは限らない。
設問
7
脳血栓は、血圧が低下したときに生じやすい。
正しい答えは『○
脳血栓は、脳の動脈に血栓ができることで、その支配領域に虚血性の壊死病変を生じる。血圧が低下すると血栓を押し流す力が弱まるため、血管に詰まりやすくなる。
設問
8
認知症について:若年性認知症者は、自立支援医療の対象となる。
正しい答えは『○
若年性認知症者が通院による精神医療を継続して必要とする場合は、自立支援医療の対象となり、所得に応じて自己負担上限額が設定されている。
設問
9
神経難病について:パーキンソン病の治療は、薬物療法が基本である。
正しい答えは『○
パーキンソン病の治療の基本は薬物である。変性消失する黒質神経細胞はドパミンを神経伝達物質とすることから、ドパミン神経伝達を改善させる種々の薬物を用いる。
設問
10
神経難病について:進行性核上性麻痺では、思考の遅延や無感情などの認知機能低下を早期から認めやすい。
正しい答えは『○
進行性核上性麻痺では、眼球運動障害、転びやすいなどの症状がある。その他、思考が遅くなり、無感情、抑うつ、把握反射などの前頭葉を中心とした認知機能低下を早期から認めやすい。
設問
11
循環器に関する記述について:心筋梗塞、弁膜症による心不全では、呼吸困難などの呼吸器症状は出現しない。
正しい答えは『×
心不全とは、種々の原因により心臓のポンプ機能が低下し、臓器が必要とする血液を十分に送り出せない状態である。心不全の原因疾患は、心筋梗塞、弁膜症、不整脈、高血圧性の心肥大などが主である。症状として、呼吸困難、食欲低下、浮腫、尿量低下などが出現する。
設問
12
呼吸器疾患について:慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、発症すると症状は改善しないため、禁煙する必要はない。
正しい答えは『×
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、たばこの煙を主とする有害物質を長期に吸入することで生じる肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に、主に中高年に発症する生活習慣病である。喫煙を続けると呼吸機能の悪化が加速するため、禁煙が治療の基本となる。
設問
13
上肢の浮腫は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の高齢者の特徴である。
正しい答えは『×
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の高齢者の症状は、喘鳴、持続性の咳嗽、労作時呼吸困難などであり、上肢の浮腫は特徴ではない。
設問
14
感染管理について:施設入所者に2週間以上咳が続いているため、結核を疑い、医師に報告した。
正しい答えは『○
結核は、飛沫感染するので、2週間以上続く咳や微熱があれば、結核を疑い、早期発見と感染予防に努めることが重要である。
設問
15
高齢者のがんとターミナルケアについて:介護老人保健施設入所者に対するがんの治療は、医療保険の適用について制限を受けない。
正しい答えは『×
介護老人保健施設の入所者に対するがんの治療では、医療保険の適用について制限を受ける。
設問
16
高齢女性は、骨粗鬆症が多いので、転倒により容易に骨折を起こしやすい。
正しい答えは『○
骨粗鬆症は女性に多く、骨がもろくなってちょっとした転倒で骨折しやすくなる。日頃から高齢女性は骨密度測定などにより骨粗鬆症の評価を行い、筋力をつけたり、転倒のリスクを減らすなどの予防が重要である。
設問
17
ノルウェー疥癬(角化型疥癬)では、タオルなど肌に直接触れるものは共用しないが、予防衣や手袋の着用は不要である。
正しい答えは『×
疥癬は「ヒゼンダニ」によって起きる皮膚感染症である。ノルウェー疥癬(角化型疥癬)は、感染力が非常に強いため一定期間の個室管理が必要とされる。感染対策としては、タオルなど肌に直接触れるものを共有しない、感染者に接触する場合には手袋や使い捨てのガウンを着用することが大切である。
設問
18
皮膚疾患について:皮脂欠乏症は患部を清潔に保つことが悪化予防になることから、ナイロンタオルなどを使ってよく洗う。
正しい答えは『×
皮脂欠乏症では、皮脂を取り除きすぎないために、ナイロンタオルやたわしなどを使わないようにする。また、頻回の入浴や長風呂を避け、石けんで泡をつけたタオルや手で軽くこするようにする。
設問
19
バイタルサインについて:低体温は、環境要因に加えて、低栄養や甲状腺機能低下症、薬剤による体温調節機能不全で起きる。
正しい答えは『○
低体温は、環境による場合や低栄養、甲状腺機能低下症、薬剤などによる体温調節機能不全が原因で起こる場合がある。高齢者では基礎代謝が低下するため、体温は一般成人よりも低くなり、また、日内変動や個人差が大きいので注意が必要である。
設問
20
心室性期外収縮は、健康な人ではみられない。
正しい答えは『×
不整脈は、心室性期外収縮などが原因であることが多く、健康な人でもよくみられるので、頻度が高くなければ通常は問題とならない。

もっと問題を解きたい人はケアマネ受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ2019

ケアマネ合格アプリ2019 過去問+模擬問+一問一答

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネ合格アプリ2019」は【過去問題】、【模擬問題】、【一問一答】を収録!!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。