メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 介護福祉士

今日の一問一答

平日更新。中央法規の問題集から毎回5問を掲載。日々の小さな努力の積み重ねが合格へつながります。空き時間は一問一答にチャレンジ!

特集③ 夏の勉強法 社会 精神 介護 ケアマネ
特集④ 受けてみよう!「模擬試験」のススメ! 社会 介護

【問題】 認知症の理解

2022年08月10日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 頭部CT検査は、慢性硬膜下血腫(chronic subdural hematoma)の診断に有用な検査である。
 
2 正常圧水頭症(normal pressure hydrocephalus)は、早期発見で改善が可能な認知症(dementia)である。
 
3 若年性認知症(dementia with early onset)の罹患率は、男性より女性のほうが高い。
 
4 長谷川式認知症スケールで認知症(dementia)の診断が可能である。
 
5 抗認知症薬は、非薬物療法との併用はしてはいけない。
 

【答え合わせ】 認知症の理解

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 頭部CT検査は、慢性硬膜下血腫(chronic subdural hematoma)の診断に有用な検査である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
2 正常圧水頭症(normal pressure hydrocephalus)は、早期発見で改善が可能な認知症(dementia)である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
3 若年性認知症(dementia with early onset)の罹患率は、男性より女性のほうが高い。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
若年性認知症は男性の罹患率が高い。
4 長谷川式認知症スケールで認知症(dementia)の診断が可能である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
長谷川式認知症スケールは、得点を参考にして認知症の疑いがあるかどうかを判断するが、これだけで認知症の診断を下すことは難しい。
5 抗認知症薬は、非薬物療法との併用はしてはいけない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
抗認知症薬は症状の進行を遅らせるものであり、個々の状態に合わせた非薬物療法などの併用も必要である。

もっと問題を解きたい人は受験対策アプリ!

介護福祉士合格アプリ2023 過去問+模擬問+一問一答

介護福祉士合格アプリ2023 過去問+模擬問+一問一答

来年の受験対策アプリはこれ!

【過去問】発売中!

【模擬問】【一問一答】は7月リリース予定!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
特集② 社会 精神 介護 ケアマネ

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。

中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「介護福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme