メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 社会福祉士

今日の一問一答

平日更新。中央法規の問題集から毎回5問を掲載。日々の小さな努力の積み重ねが合格へつながります。空き時間は一問一答にチャレンジ!


【問題】 保健医療サービス

2022年01月19日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費の国民所得に占める比率は、減少している。
 
2 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費に占める後期高齢者医療費の割合は、増加している。
 
3 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費の公費による財源別負担割合は、地方の負担割合よりも国庫の負担割合の方が高い。
 
4 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費に占める入院外医療費の割合は、増加している。
 
5 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費に占める薬局調剤医療費の割合は、入院外医療費の割合よりも高い。
 

【答え合わせ】 保健医療サービス

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費の国民所得に占める比率は、減少している。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
国民医療費の国民所得に占める比率は、2008年度(平成20年度)9.56%、2012年度(平成24年度)10.90%、2017年度(平成29年度)10.66%である。
2 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費に占める後期高齢者医療費の割合は、増加している。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
国民医療費に占める後期高齢者医療費の割合は、2008年度(平成20年度)30.0%、2012年度(平成24年度)32.2%、2017年度(平成29年度)34.3%であり、年々増加している。
3 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費の公費による財源別負担割合は、地方の負担割合よりも国庫の負担割合の方が高い。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
国庫の負担割合と地方の負担割合は、2008年度(平成20年度)は25.1%、12.0%、2012年度(平成24年度)は25.8%、12.8%、2017年度(平成29年度)は25.3%、13.1%であり、国庫の負担割合の方が高い。
4 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費に占める入院外医療費の割合は、増加している。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
国民医療費に占める入院外医療費の構成割合は、2008年度(平成20年度)37.7%、2012年度(平成24年度)34.6%、2017年度(平成29年度)33.9%であり、減少している。
5 2008年度(平成20年度)から2017年度(平成29年度)における国民医療費に占める薬局調剤医療費の割合は、入院外医療費の割合よりも高い。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
国民医療費に占める薬局調剤医療費と入院外医療費の割合は、2008年度(平成20年度)は15.5%、37.7%、2012年度(平成24年度)は17.1%、34.6%、2017年度(平成29年度)は18.1%、33.9%であった。

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2022

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中!
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。