メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 社会福祉士

今日の一問一答

平日毎日更新。力試しとして、日々の勉強の手助けとして…、あなたの受験勉強のスタイルに合わせてご活用ください。



【問題】 社会調査の基礎

2019年06月24日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 社会調査は、市場の構成要素である企業は調査対象とせず、社会の基本的な構成要素としての個人を対象とする。
 
2 社会調査は、平均的な人々の姿を知るために行うものであるから、内閣総理大臣のような特別な地位にある個人は社会調査の対象とはいえない。
 
3 日本の国勢調査は、日本の国民についての調査であり、日本常住の外国人も対象に含まれる。
 
4 統計的なデータとして結果をまとめられない調査も、社会調査に含まれる。
 
5 研究者が個人で行うフィールドワークは、社会調査には含まれない。
 

【答え合わせ】 社会調査の基礎

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 社会調査は、市場の構成要素である企業は調査対象とせず、社会の基本的な構成要素としての個人を対象とする。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
社会調査の対象は個人だけではなく、企業などの組織も含まれる。企業は組織を母集団とする調査の中で最も利用頻度が高いといわれている。
2 社会調査は、平均的な人々の姿を知るために行うものであるから、内閣総理大臣のような特別な地位にある個人は社会調査の対象とはいえない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
特別な地位にある個人もその対象となり得る。母集団は調査者が関心をもつさまざまな対象が設定され得るものであり、平均的な人々に限定されない。地位にかかわらず調査対象となる可能性がある。
3 日本の国勢調査は、日本の国民についての調査であり、日本常住の外国人も対象に含まれる。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
国勢調査令の第4条(調査の対象)では、調査時において日本に在住しており、その期間が引き続き3か月以上になるものと定められている。これには日本に常住する外国人も含まれる。
4 統計的なデータとして結果をまとめられない調査も、社会調査に含まれる。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
社会事象を統計的データでとらえ分析したもの(量的調査)だけでなく、観察や面接で得られた記録等の文字データを分析したもの(質的調査)も社会調査である。
5 研究者が個人で行うフィールドワークは、社会調査には含まれない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
研究者が個人で行うフィールドワークも社会調査の手法の1つである。研究者が現地に赴き、研究対象との対話や交流、観察といった研究者個人の経験を通して社会現象を探る方法である。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2019

社会福祉士合格アプリ2019
一問一答+模擬問題+過去問題

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
全コンテンツ 好評配信中!
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。