メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

特養が「終の棲家」といわれるようになって久しいです。私が勤務する施設は80人の方がお住まいになっていますが、昨年度も一年間で17人の方がご逝去されました。そのほとんどの方が、施設で最期をお看取りさせていただきました。介護の仕…

専門職応援一覧

四月、新年度を迎え、新たなポストに就いた方も多いのではないかと思います。人を管理する立場の人は、責任を背負うと同時に、権限を与えられます。「権限」を与えられたということは、組織のなかで、限られた範囲内において行使できる決…

専門職応援一覧

日本の春は、はじまりの季節。入学式、入社式、新年度、人事異動による新天地、新たなポスト、4月から新たなスタートを切る人が大勢いると思います。やる気に満ちている人もいれば、いやだな~と思っている人もいるかもしれません。私の…

専門職応援一覧

とある高齢者施設の経営が大変厳しく、倒産寸前の状況にありました。その状況は、誰もが目を背けたくなるようなものであったと推察します。そのような状況に、外から手を差し伸べるのではなく、自ら渦中に飛び込み改革に乗り出すことは、…

専門職応援一覧

前回のブログ更新が、3月10日。東日本大震災の前日だったのですが、あえてそのことを書きませんでした。毎年、8月になると、メディアは思い出したかのように戦争のことを取り上げてきました。しかし、最近ではその時期になっても、戦争…

専門職応援一覧

花粉症の人だけがマスクを付けていたのが懐かしい。うだるような暑さのなか、私たちはマスクをつけて夏を乗り越えました。短い秋を越え、寒さ厳しい冬をいま、また越えようとしています。私は十代から二十代の青春時代を空手のチャンピオ…

専門職応援一覧

先日、法事の際に住職の方からありがたいお話をうかがいました。「死んだ人の魂はどうなるのか?」愛する家族、大切な友だち、かけがえのない人を失ったとき、その魂がどこへ向かうのか?私たちのそばにいてくれるのか?天国、極楽浄土、…

専門職応援一覧

今月で50歳を迎えました。半世紀生きた…。信じられない気持ちです。人生なんて瞬きしている間に終わる、と例えた人がいましたが、なるほど、わかる気がします。人生は自分が思っているよりもはやい。悔いのない生き方をしてほしいです。…

専門職応援一覧

子どもは、相手の気持ちを考えずに、人を傷つけてしまうようなことを言ったり、したりしてしまうことがあるものです。しかし、私たち大人は、成長する過程でさまざまな経験をします。子どもの頃、親や先生から「〇〇君がかわいそうでしょ…

専門職応援一覧

介護サービスというのは、さまざまな人が利用します。認知症のあるご利用者で、周辺症状がみられ、精神的にかなり混乱していたり、暴力的になったり、ずっと歩き続けたり…、という人もいます。もう10年以上も前になりますが、私が特養の…