メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

先日、私の授業のゲスト講話に出ていただいた下肢障害のある人は、わが国に特異な障害のある人への特別視・偏見があるとお話しされました。この人は歩くときに跛行します。欧米を旅行している最中には、街中で誰も跛行して歩く自分の方を…

専門職応援一覧

NPO法人 トナリビト山下祈惠(やましたきえ) 熊本県出身。父が医者で病院経営、母が教会の牧師兼カウンセラーという家庭で育つ。進学したアメリカの大学で出会った女の子が、熊本の児童養護施設からア…

専門職応援一覧

はじめの言葉とおわりの言葉私は授業のなかでよく、学生に量的調査と質的調査の必要性を伝えます。もっとも、ここでその違いを説明するのは釈迦に説法なので控えますが、調査にはその目的の違いから、テーマに関する「はじめの言葉」を得…

専門職応援一覧

うつ状態の人や精神疾患のある人に「頑張って!」などの励ましの言葉は逆効果であると聞いたことがあります。でも、そういう状態じゃなくたって、励ましの言葉にかえって疲れちゃうことってありますよね。「頑張って!」と言われて、「も…

専門職応援一覧

子ども虐待に係わる小学校の対応の実態をヒアリングするために、以前、ある小学校の保健室に勤める養護教諭を訪ねたことがあります。児童虐待防止法が施行される以前は、虐待は「学校教育の管轄外」みたいな傾きがあったように思いますが…

専門職応援一覧

そもそもチームとはドラッカーはチームについても説明していますが、それは彼の目標管理の考えと、見事に符合しています。彼によると「チームとは、異なる技能、知識、背景を持つ人、しかも本来異なる分野に属しながら、特定の仕事を果た…

専門職応援一覧

私が平穏死に思いいたった理由私が平穏死(いきすぎた医療や延命治療に頼らず、穏やかな死・看取りを迎えること)を発信していくきっかけは前の連載(石飛幸三医師の特養で死ぬこと・看取ること)にも書いていますが、そもそもそういうこ…

専門職応援一覧

NPO法人 トナリビト山下祈惠(やましたきえ) 熊本県出身。父が医者で病院経営、母が教会の牧師兼カウンセラーという家庭で育つ。進学したアメリカの大学で出会った女の子が、熊本の児童養護施設からア…

専門職応援一覧

子どもは好奇心旺盛で「どうして?」を連発するため、大人は度々答えに窮しますが、大人になると知識も増えるせいか、あまり「どうして?」を連発しなくなります。しかし私は最近、虐待に関する疑問が立て続けに湧いてきて頭の中で「どう…

専門職応援一覧

「介護職必携ケア手帳2022」が完成しました!介護職向けの専用手帳!日本介護福祉士会監修による介護職向け専用手帳の2022年版が無事に完成しました。水平に開く綴りと豊富な余白で書き込みやすさを追求し、さらに、役立つ資料集でみなさ…