メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 介護福祉士

月イチ確認テスト

前の月の「今日の一問一答」の問題から20問を抜粋し、月に一回、「確認テスト」を開催します。満点が取れるまで繰り返しチャレンジしてはいかがでしょうか?

2019年05月分の確認テスト

2019年06月14日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

設問
1
生活支援においては、その人らしい生活よりも、安静を重視した生活を送れるように支援する。
 
設問
2
介護老人福祉施設における居室の環境整備で留意すべき点として、居室のドアは開けたままにしておく。
 
設問
3
電気かみそりを使ったひげ剃りの方法として、電気かみそりを皮膚に対して直角に当てる。
 
設問
4
ベッドの端に座っている左片麻痺の利用者の、立ち上がりまでの基本的な介護として、利用者の左膝を支える。
 
設問
5
パーキンソン病(Parkinson disease)の姿勢反射障害のある人の歩行介護として、一度足を引いてから歩き出してもらう。
 
設問
6
屋外での車いすの介助方法として、段差を下がるときは、後ろ向きで後輪から下りる。
 
設問
7
嚥下障害がある利用者に提供する飲食物として、レモンジュースがよい。
 
設問
8
介護過程の目的は、介護福祉職の業務負担を軽減することである。
 
設問
9
介護記録は、鉛筆で記録する。
 
設問
10
介護計画の立案の際に注意することは、現実的で実践可能な内容にすることである。
 
設問
11
ケアカンファレンス(care conference)は、定期的に開催するよりは、問題が発生したときに迅速に開催するほうが望ましい。
 
設問
12
エリクソン(Erikson, E.)の発達段階説において、青年期の発達課題として、同一性の獲得がある。
 
設問
13
高齢者の薬物代謝についてみると、複数の薬剤間の相互作用が起こりやすい。
 
設問
14
加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理のうち、身体機能を使う場面を避けてひきこもることで心理的安定を図ろうとすることを、抑圧という。
 
設問
15
関節リウマチ(rheumatoid arthritis)では、主に明け方になると、手を思うように動かせないなどの症状がある。
 
設問
16
パーキンソン病(Parkinson disease)の症状として、大股な歩行がみられる。
 
設問
17
見当識障害とは、忘れて覚えていないにもかかわらず取り繕いながら話すことをいう。
 
設問
18
レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)の特徴として、運動機能障害が見られる。
 
設問
19
MMSE(Mini-Mental State Examination)は、国際的にも広く使われている認知症のスクリーニング検査であり、口頭質問や図形の模写等11項目から構成されている。
 
設問
20
認知症(dementia)の高齢者が誤ったことをしたときは、間違った点を指摘し、反省を促す。
 

採点結果

あなたの得点は 点です。

問題と解答・解説

設問
1
生活支援においては、その人らしい生活よりも、安静を重視した生活を送れるように支援する。
正しい答えは『×
生活は、人間として尊厳ある営みを続けることが重要であり、ただ、生命を維持するだけでは人間的な生活とはいえない。その人が生きてきた生活史や価値観などを尊重したその人らしい生活が、健康で文化的な生活につながる。
設問
2
介護老人福祉施設における居室の環境整備で留意すべき点として、居室のドアは開けたままにしておく。
正しい答えは『×
利用者が着替えや歯みがき、排泄などを行ったり、またはそれらの介助を受けたりする場面もあるので、ドアを閉めておくことでプライバシーを守る必要がある。
設問
3
電気かみそりを使ったひげ剃りの方法として、電気かみそりを皮膚に対して直角に当てる。
正しい答えは『○
電気かみそりは皮膚に対し90度(直角)に当てて剃る。こうすることで電気かみそり内の刃をすべて使えるようになり、皮膚に当てる回数や時間を減らすことができる。
設問
4
ベッドの端に座っている左片麻痺の利用者の、立ち上がりまでの基本的な介護として、利用者の左膝を支える。
正しい答えは『○
立ち上がり介護では、介護者は利用者の患側を支えることが基本である。
設問
5
パーキンソン病(Parkinson disease)の姿勢反射障害のある人の歩行介護として、一度足を引いてから歩き出してもらう。
正しい答えは『○
歩き出すときには、一度足を引いてから歩行するとスムーズに足が出る場合がある。また、比較的バランスを保つことができる場合には、その場で足踏みをしてから歩き始めるのも有効である。歩きはじめには「せーの」と号令をかけると、一歩目が踏み出しやすくなる。
設問
6
屋外での車いすの介助方法として、段差を下がるときは、後ろ向きで後輪から下りる。
正しい答えは『○
段差を下がるときに、前向きで下りると利用者が前に投げ出されるなど、転倒につながるため危険である。
設問
7
嚥下障害がある利用者に提供する飲食物として、レモンジュースがよい。
正しい答えは『×
レモンは、酸味が強い柑橘類の果物である。酸味が強いことでむせやすく誤嚥する可能性が高いため適切ではない。
設問
8
介護過程の目的は、介護福祉職の業務負担を軽減することである。
正しい答えは『×
介護過程は、利用者自らが望む生活の実現を目指して実践されるものである。介護福祉職の業務負担を軽減することが目的ではない。
設問
9
介護記録は、鉛筆で記録する。
正しい答えは『×
鉛筆で記述された記録は意図的な改ざんなどが行われる可能性があるため、適切ではない。
設問
10
介護計画の立案の際に注意することは、現実的で実践可能な内容にすることである。
正しい答えは『○
利用者の状態を踏まえて実現が可能であり、かつ具体的な内容にすることが必要である。
設問
11
ケアカンファレンス(care conference)は、定期的に開催するよりは、問題が発生したときに迅速に開催するほうが望ましい。
正しい答えは『×
問題が発生したら迅速に開催できることと同時に、定期的に開催して支援のあり方に問題がないかモニタリングすることも重要である。
設問
12
エリクソン(Erikson, E.)の発達段階説において、青年期の発達課題として、同一性の獲得がある。
正しい答えは『○
青年期は、身体的・精神的に自己を統合し、「自分とはこういう人間だ」という同一性(アイデンティティ)を確立する段階である。
設問
13
高齢者の薬物代謝についてみると、複数の薬剤間の相互作用が起こりやすい。
正しい答えは『○
高齢者は肝臓、腎臓等の機能低下に加えて、複数の慢性疾患をもつため服用する薬も多くなる傾向がある。そのため、薬の重複や組み合わせによって相互作用や副作用が出現しやすい。
設問
14
加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理のうち、身体機能を使う場面を避けてひきこもることで心理的安定を図ろうとすることを、抑圧という。
正しい答えは『×
抑圧とは、過去の不快な記憶を意識に上がらないように極力抑え込み、楽しいこと、よかったことだけを思い出そうとすることである。問題は逃避である。
設問
15
関節リウマチ(rheumatoid arthritis)では、主に明け方になると、手を思うように動かせないなどの症状がある。
正しい答えは『○
関節リウマチは、40~50歳の女性に多く発症する、原因不明の難治性の全身疾患で、初発症状は多くの場合、関節炎による関節腫脹、朝のこわばりなどである。
設問
16
パーキンソン病(Parkinson disease)の症状として、大股な歩行がみられる。
正しい答えは『×
パーキンソン病の歩行障害では、動きはぎこちなく、硬くなりやすい。そのため、足が前に出にくいすくみ足や、足が上がりにくい(足を引きずるように歩く)すり足、小刻み歩行になるのが特徴である。
設問
17
見当識障害とは、忘れて覚えていないにもかかわらず取り繕いながら話すことをいう。
正しい答えは『×
見当識障害とは、日時や季節、自分の家から駅までの道順、家族や友人との関係、自分の名前や年齢など、時間、場所、人物などが正しく認識できなくなることである。
設問
18
レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)の特徴として、運動機能障害が見られる。
正しい答えは『○
レビー小体型認知症は、レビー小体が脳全体に現れることで起きる。症状は認知機能障害のほかに、幻視と運動機能障害として足がすくんだり、歩き出すと小刻みのちょこちょこ歩きになるパーキンソン症状が現れる。
設問
19
MMSE(Mini-Mental State Examination)は、国際的にも広く使われている認知症のスクリーニング検査であり、口頭質問や図形の模写等11項目から構成されている。
正しい答えは『○
MMSEは、認知症の簡易スクリーニング検査である。時間や場所に関する見当識、単語の復唱、図形の模写等の11項目に答えることで評価するものである。
設問
20
認知症(dementia)の高齢者が誤ったことをしたときは、間違った点を指摘し、反省を促す。
正しい答えは『×
間違いを指摘するのではなく、正確な見当識や判断をそれとなく提示するといった支持的な対応が必要である。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2019

介護福祉士合格アプリ2019
一問一答+過去問題+模擬問題

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2019年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。