メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 介護福祉士

月イチ確認テスト

前の月の「今日の一問一答」の問題から20問を抜粋し、月に一回、「確認テスト」を開催します。満点が取れるまで繰り返しチャレンジしてはいかがでしょうか?

2019年10月分の確認テスト

2019年11月15日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

設問
1
老化に伴う知的機能の変化として、計算などの流動性知能は低下しやすい。
 
設問
2
加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理のうち、受け身的で子どものようにふるまうことで心理的安定を図ろうとすることを、退行という。
 
設問
3
高齢者の肺炎(pneumonia)では、呼吸数は減少する。
 
設問
4
緑内障(glaucoma)は眼圧の上昇を特徴とする。
 
設問
5
失行とは、言葉を理解できない状態である。
 
設問
6
認知症(dementia)と比較した場合のせん妄(delirium)の特徴として、日内変動を認めることが多い。
 
設問
7
ピック病(Pick disease)では、常同行動が現れる。
 
設問
8
長谷川式認知症スケールは認知症(dementia)か否かを診断する簡易なスケールである。
 
設問
9
認知症(dementia)の症状のある利用者は、自らの要求を言葉で伝えられないことがあるので、表情や顔色などをよく観察する。
 
設問
10
「ソーシャルインクルージョン(social inclusion)」とは、権利擁護や代弁をする活動のことである。
 
設問
11
感覚性失語(sensory aphasia)では、聞いた話を理解することはできない。
 
設問
12
自閉症(autism)の特性として、読む、書く、計算することが苦手である。
 
設問
13
レスパイトケア(respite care)の目的は、介護を担う家族に休養を提供することである。
 
設問
14
生理的欲求は、マズロー(Maslow,A.H.)の欲求階層説では最下層に位置する。
 
設問
15
副交感神経の作用として、心拍数の増加がある。
 
設問
16
パーキンソン病(Parkinson disease)では、小刻み歩行がみられる。
 
設問
17
高齢者の睡眠の特徴として、夜間の睡眠時間が短くなる。
 
設問
18
インフォームドコンセントとは、治療を受ける本人が、その説明を理解したうえで、同意することをいう。
 
設問
19
介護福祉士が喀痰吸引を指示に従って実施したが、1回の吸引で痰が取り切れなかった。再度、吸引を行うときの対応として、吸引時間を延長する。
 
設問
20
固定テープがはずれて、鼻腔の入口付近で経鼻経管栄養チューブが10cm抜けていたので、介護福祉士は注入を行わずに看護職に状況を報告した。
 

採点結果

あなたの得点は 点です。

問題と解答・解説

設問
1
老化に伴う知的機能の変化として、計算などの流動性知能は低下しやすい。
正しい答えは『○
流動性知能とは、計算などの法則性を発見する力や直感力など新しい状況に適応するために必要な知能であり、20代前半でピークを迎え、その後は低下する。
設問
2
加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理のうち、受け身的で子どものようにふるまうことで心理的安定を図ろうとすることを、退行という。
正しい答えは『○
退行とは、現在の発達段階より未熟な段階に後戻りして実年齢より幼い行動をとることである。
設問
3
高齢者の肺炎(pneumonia)では、呼吸数は減少する。
正しい答えは『×
肺炎が進むにつれ肺胞の数が減少する。そのため、その不足を呼吸回数で補うために呼吸数が増加する。
設問
4
緑内障(glaucoma)は眼圧の上昇を特徴とする。
正しい答えは『○
緑内障は、眼房水の流出が障害されて眼圧が上昇し、視野や視力が障害される疾患である。
設問
5
失行とは、言葉を理解できない状態である。
正しい答えは『×
言葉が理解できない状態は、感覚性失語(ウェルニッケ失語)である。感覚性失語は流暢に話すことはできるが、支離滅裂な発話が特徴である。
設問
6
認知症(dementia)と比較した場合のせん妄(delirium)の特徴として、日内変動を認めることが多い。
正しい答えは『○
せん妄の特徴の1つに日内変動があることがあげられる。夜間に症状が強く出ることが多く、睡眠障害を伴うことが多い。
設問
7
ピック病(Pick disease)では、常同行動が現れる。
正しい答えは『○
常同行動とは、同じメニューしか食べない、同じ道しか通らないなど、常に同じ行動を繰り返すことをいう。
設問
8
長谷川式認知症スケールは認知症(dementia)か否かを診断する簡易なスケールである。
正しい答えは『○
長谷川式認知症スケールは、認知症の簡易スクリーニング検査である。得点を参考にして認知症の疑いがあるかどうかを判断するが、これだけで認知症の診断を下すことは難しい。
設問
9
認知症(dementia)の症状のある利用者は、自らの要求を言葉で伝えられないことがあるので、表情や顔色などをよく観察する。
正しい答えは『○
認知症が進んでも最後まで感情は残されているが、不快や苦痛を言葉で訴えることができないので、しぐさや身体の変化に対する観察が必要となる。
設問
10
「ソーシャルインクルージョン(social inclusion)」とは、権利擁護や代弁をする活動のことである。
正しい答えは『×
問題はアドボカシー(advocacy)を説明する内容である。アドボカシーとは、「擁護」や「代弁」などを意味する言葉で、社会福祉の分野では、利用者の利益を尊重する言葉として用いられる。
設問
11
感覚性失語(sensory aphasia)では、聞いた話を理解することはできない。
正しい答えは『○
感覚性失語(ウェルニッケ失語)の特徴は、聞いたことや読んだことを理解できない、復唱ができない、または流暢に言葉は話せるが、錯語となったり書字が正確にできない等である。一方、言葉の流暢さはないが、聞いたことや読んだことが理解できるのは、運動性失語(ブローカ失語)である。
設問
12
自閉症(autism)の特性として、読む、書く、計算することが苦手である。
正しい答えは『×
読む、書く、計算することが苦手なのは学習障害(LD)である。全般的に知的発達に遅れはみられず、学習の習得に困難さがみられる発達障害の一種である。
設問
13
レスパイトケア(respite care)の目的は、介護を担う家族に休養を提供することである。
正しい答えは『○
レスパイトケアの目的は、介護を担う家族の負担を軽減し、介護から解放することによって心身の疲れを回復することである。
設問
14
生理的欲求は、マズロー(Maslow,A.H.)の欲求階層説では最下層に位置する。
正しい答えは『○
マズローの欲求階層説において、生理的欲求は最下層にあり、他の欲求よりも最優先される欲求である。
設問
15
副交感神経の作用として、心拍数の増加がある。
正しい答えは『×
心拍数が増加するのは、身体が活動的な状態になっているときであり、すなわち交感神経が作用していると考えることができる。
設問
16
パーキンソン病(Parkinson disease)では、小刻み歩行がみられる。
正しい答えは『○
パーキンソン病はドパミンの減少により生じる疾患で、その4大徴候として、筋固縮、動作緩慢、振戦、姿勢反射障害がある。小刻み歩行は姿勢反射障害により生じる特徴的な歩行である。
設問
17
高齢者の睡眠の特徴として、夜間の睡眠時間が短くなる。
正しい答えは『○
高齢者に必要な睡眠時間は短くなる傾向にある。睡眠時間は、発達段階により変化し、成長とともに夜間のみ眠るパターンに変化し、さらに夜間の睡眠時間も減少していく。
設問
18
インフォームドコンセントとは、治療を受ける本人が、その説明を理解したうえで、同意することをいう。
正しい答えは『○
認知症等により判断能力が不十分な成人の場合は、家族等と十分に話し合い、本人の意思が推定できる場合はその意思を尊重し、本人にとって最善の方針をとるようにする。
設問
19
介護福祉士が喀痰吸引を指示に従って実施したが、1回の吸引で痰が取り切れなかった。再度、吸引を行うときの対応として、吸引時間を延長する。
正しい答えは『×
医師の指示どおりの吸引時間で行う。吸引時間は短ければ短いほど利用者の呼吸の負担は少ない。吸引時間を延長することは、呼吸がしにくく、低酸素状態を起こす危険性がある。
設問
20
固定テープがはずれて、鼻腔の入口付近で経鼻経管栄養チューブが10cm抜けていたので、介護福祉士は注入を行わずに看護職に状況を報告した。
正しい答えは『○
医療行為はリスクが起きやすいので、医師や看護師に報告し対応を求める必要がある。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2020

介護福祉士合格アプリ2020
過去問+模擬問+一問一答

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2020年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。