メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

第15回全施連(全国知的障害者施設家族会連合会)全国大会in宮城に講師として参加しました。第15回全施連全国大会in宮城大勢の参加者とともに、『地域共生ホーム-知的障害のある人のこれからの住まいと暮らし』(中央法規出版)の中…

専門職応援一覧

新刊書『地域共生ホーム-知的障害のある人のこれからの住まいと暮らし』(全国知的障害者施設家族会連合会編著、中央法規出版)の第3章と第5章では、障害者支援施設における職員配置率と事業者報酬について、利用者からは理解しがたい…

専門職応援一覧

秋分の日、新刊書『地域共生ホーム-知的障害のある人のこれからの住まいと暮らし』(全国知的障害者施設家族会連合会編著、中央法規出版)にかかわる関東地方の関係者の学習会が東京で開かれ、講師として参加しました。障害福祉サービス…

専門職応援一覧

浜松市の高齢者虐待防止研修に講師として参加しました。テーマは、「虐待防止のための養護者支援」です。研修参加者からあらかじめ戴いたご質問には、「養護者に何らかの障害があるような場合、どう対応すれば良いのか」や「虐待防止のた…

専門職応援一覧

『地域共生ホーム-知的障害のある人のこれからの住まいと暮らし』(一般社団法人全国知的障害者施設家族会連合会編著、中央法規出版)が新刊で出ます。私も分担執筆しています。なお、全施連の会員の方は、必ず、全施連事務局を通じてお…

専門職応援一覧

夏休みが終わり新学期の始まる今、通学適齢期の子どもたちの自殺者がもっとも多く出る時節です。この間、新聞やテレビなどのマスコミを通じて、子どもたちの自殺予防に向けた呼びかけや取り組みが懸命に報じられています。自殺者数全体の…

専門職応援一覧

子ども虐待への対応について、通報から安否確認・事実確認等の初動段階における介入を行う担当と、親子を支援する担当を明確に分ける方針がようやく打ち出されました。静岡県虐待防止研修に講師として参加しました。静岡県は、毎年、さま…

専門職応援一覧

厚労省は8月1日に、平成30年度に全国の児童相談所の対応した子ども虐待件数が15万9,850件(速報値)であることを公表しました。この統計の始まった平成2年度の同件数が1,101件ですから、平成の間に145倍も激増したことになります。…

専門職応援一覧

先に行われた参院選の「特定枠」で、重度の障害のある国会議員が誕生しました。重度障害のある国会議員のこれからに関心を持つ学生が、大学の授業の直後に感想と質問をもってやってきました。質問に訪れた学生も私も、れいわ新選組の支持…

専門職応援一覧

中学受験をめぐる教育虐待の末に息子を包丁で殺傷した父親に対し、7月19日、名古屋地裁は殺人罪で懲役13年の実刑判決を言い渡しました。この裁判を傍聴した教育ジャーナリストのおおたとしまささんが、裁判で明らかになった親子関係の経…