メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 精神保健福祉士

今日の一問一答

平日更新。中央法規の問題集から毎回5問を掲載。日々の小さな努力の積み重ねが合格へつながります。空き時間は一問一答にチャレンジ!


【問題】 精神保健の課題と支援

2022年01月24日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 我が国の自殺死亡率は、東京都や大阪府など大都市で高い。
 
2 自殺死亡者のうち、無職者の割合は5割を超える。
 
3 18歳未満の者も発達障害者支援法の対象である。
 
4 文部科学省の調査によれば、不登校児童生徒が在籍者に占める割合は、中学校より小学校が高い。
 
5 カプラン(Caplan,G.)がいう第三次予防とは、健康増進を図ることである。
 

【答え合わせ】 精神保健の課題と支援

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 我が国の自殺死亡率は、東京都や大阪府など大都市で高い。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
自殺死亡率は、岩手県、山梨県、宮崎県の順で高くなっており、都市圏より地方各県に自殺発生率が高い傾向にある(「令和2年中における自殺の状況」)。
2 自殺死亡者のうち、無職者の割合は5割を超える。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
職業別自殺者数では「無職者」が最も多く、「令和2年中における自殺の状況」によると、1万1718人(55.6%)と半数以上を占めている。
3 18歳未満の者も発達障害者支援法の対象である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
発達障害者支援法第2条第2項で、18歳未満は「発達障害児」として「発達障害者」のなかに含まれている。
4 文部科学省の調査によれば、不登校児童生徒が在籍者に占める割合は、中学校より小学校が高い。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
文部科学省の調査によれば、不登校児童生徒が在籍者に占める割合は、小学校0.8%、中学校3.9%で、小学校より中学校が高い(令和元年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」)。
5 カプラン(Caplan,G.)がいう第三次予防とは、健康増進を図ることである。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
カプランの予防概念として、第一次予防に精神障害の発生予防、第二次予防に早期発見・早期治療、第三次予防として社会復帰の促進・リハビリテーションをあげている。そのため第三次予防は健康増進ではない。

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!精神保健福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/set/219?fcid=12

※専門科目のみ

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

精神保健福祉士合格アプリ2022

精神保健福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問

毎年大好評の精神保健福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
「過去問」コンテンツが販売中!
「模擬問」は7月にリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。