メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 精神保健福祉士

今日の一問一答

平日毎日更新。力試しとして、日々の勉強の手助けとして…、あなたの受験勉強のスタイルに合わせてご活用ください。

【問題】 社会理論と社会システム

2019年04月19日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、子供の有無に関わらず、半数以上の男性一人暮らし高齢者が、日常のちょっとした用事のことで人に頼りたいとは思わないと回答している。
 
2 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、「とても幸せ」と回答した一人暮らしの高齢者の比率は、男女で差がない。
 
3 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、子供のいない男性一人暮らし高齢者の半数は、病気などの時に看護や世話を介護サービスの人に頼りたいと回答している。
 
4 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、一人暮らし高齢者のうち「毎日会話をしている人」の「現在の楽しみ」(複数回答)では、「仲間とのおしゃべり」が「テレビ・ラジオ」を上回っている。
 
5 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、孤独死を身近に感じるかについて、「とても感じる」と回答した一人暮らし高齢者の比率は、約15%である。
 

【答え合わせ】 社会理論と社会システム

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、子供の有無に関わらず、半数以上の男性一人暮らし高齢者が、日常のちょっとした用事のことで人に頼りたいとは思わないと回答している。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
設問のとおり。子供がいる男性の50.3%、子供がいない男性の54.8%は、「そのことでは頼りたいと思わない」と回答している。ちなみに、女性の場合、「そのことでは頼りたいと思わない」と回答した比率は、子供がいる女性で20.5%、子供がいない女性で30.8%にとどまっている。
2 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、「とても幸せ」と回答した一人暮らしの高齢者の比率は、男女で差がない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
「とても幸せ」と回答した一人暮らしの高齢者の比率は、女性18.0%、男性8.4%となり、男女で2倍以上の差がある。
3 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、子供のいない男性一人暮らし高齢者の半数は、病気などの時に看護や世話を介護サービスの人に頼りたいと回答している。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
子供のいない男性一人暮らし高齢者のうち、病気などの時に看護や世話を「ヘルパーなどの介護サービスの人」に頼りたいと回答した者は9.6%にすぎない。他方、「あてはまる人はいない」とする者は35.0%、「そのことでは頼りたいと思わない」とする者は22.6%であった。
4 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、一人暮らし高齢者のうち「毎日会話をしている人」の「現在の楽しみ」(複数回答)では、「仲間とのおしゃべり」が「テレビ・ラジオ」を上回っている。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
「毎日会話をしている人」の「現在の楽しみ」について、上位5位は「テレビ、ラジオ」(77.8%)、「仲間とのおしゃべりや交際」(60.8%)、「食事・飲食」(48.4%)、「新聞、雑誌」(44.9%)、「旅行」(37.3%)である。
5 「平成27年版高齢社会白書」(内閣府)によると、孤独死を身近に感じるかについて、「とても感じる」と回答した一人暮らし高齢者の比率は、約15%である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
孤独死を身近に感じる割合は、「とても感じる」とする人が14.5%、「まあ感じる」とする人が30.1%を占めている。これに対して、身近に感じない傾向にある人は合計で52.1%であった。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

精神保健福祉士合格アプリ2019

精神保健福祉士合格アプリ2019
過去問題+模擬問題

毎年大好評の精神保健福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。