メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

試験直前特集 その2

試験直前特集 その2
試験当日、慌てないように!

さあ、いよいよ試験本番です!
これまでの努力の成果を十二分に発揮するために、当日「気になること」は少しでも減らして試験に集中したいですよね。
そこで、先輩受験生に、当日どんなことに注意したらよいかなど、アドバイスをいただきました。

試験当日のアドバイス

早めに行く

「試験会場に早く行きました。電車の遅延など、もしもの交通トラブルに備えたかったのもありますが、1年前に受験した職場の先輩から、『ちょうどいい時間に行ったら、人が多くて気持ちで圧倒されちゃった』と聞いていたからです。会場に着いたら、辺りをぐるっと1周。気持ちが落ち着きますよ」(Aさん)

当日は腕時計

「スマートフォンや携帯電話を持っていく場合、試験中は電源をOFFにして、カバンにしまうことを忘れずに。時間を見るには、やはり腕時計がよいと思います。会場によっては壁時計がなかったという話を聞いたことがあるので、腕時計はマストです」(Bさん)

学習アプリなら当日らくらく

「試験当日って、何冊も本を持っていくのは大変ですよね。でも、ギリギリ直前まで問題を解きたい。私は、学習アプリをスマホに入れていたので、荷物にならずに、会場への道中や昼休みなども活用することができました」(Cさん)

昼食は行きの途中で買っていく

「当日、お昼は試験会場の近くで買おうと思っていたのですが、ほかの人も同じことを考えていたようで、コンビニのお弁当は完売(泣)。お昼時間の勉強時間を削って、少し離れたコンビニまで行くことになりました。昼食は家を出たら自宅近くで買っておくことをオススメします!」(Hさん)

トイレは計画的に

「トイレは計画的に行くことをおすすめします。試験直前や休み時間の終わりは混む可能性があるので、ある程度時間に余裕をもって行くと安心です」(Dさん)

昼食に出かけるのはなし

「試験当日の昼休みは結構長めですが、それでも会場の外に食事に出かけるのはリスクがあります。会場周辺に食事処がない場合もありますし、混んでいてすぐに入れないこともありますしね。ですから、当日の昼食は、お弁当などを持参していったほうがよいと思います」(Eさん)

お昼は食べ過ぎない

「昼食の食べ過ぎに注意! 午後の試験中、眠くなってしまいますよ!」(Fさん)

当日の食事は抜かない

「試験は長丁場ですから、朝や昼の食事を抜くのは絶対によくありません。適度なエネルギーを摂って、試験にのぞんでください」(Gさん)

時間いっぱい使うこと

「試験が始まってある程度時間が経つと、問題を解き終えて会場を出ていく人がいます。正直ものすごく焦ります! でも、そこで焦らず、時間いっぱいしっかり使ってください。途中で諦めないで! 『諦めたら、そこで試合終了ですよ!』」(Iさん)

帰るまで答え合わせをしない

「昼休みになると、周りの人たちから午前科目の答え合わせをする声が聞こえてくるんですよ。『問題○の答え、何にした?』って声が…。ついつい聞き耳を立ててしまうのですが、もう終わったことは考えず、午後の試験科目に集中してください。午前科目の反省は、試験が終わったあとでゆっくりとやればいいんです」(Jさん)

周りの声はノイズ

「同じ学校の学生さん同士で、午前科目が簡単だったとか難しかったとか、そういう話をしているのが聞こえてくると、つい気になってしまうのですが、『人は人。自分は自分』と自分に言い聞かせて、周囲の会話は気にせず試験に集中するようにしました」(Kさん)

具合が悪くなったら

「試験中、具合が悪くなった時は、手を挙げて試験監督の人を呼んでください。自分のためでもありますし、ほかの人のためでもありますよ」(Lさん)

ぜひ、先輩方のアドバイスを参考にしてみてください。
それでは、皆さんが当日ベストを尽くせるよう、けあサポ編集部一同応援しています!

国家試験 解答速報のお知らせ
けあサポでは、国家試験の解答速報を掲載いたします。
ぜひ、お手持ちのパソコンやタブレット、スマートフォン等でご覧ください。