メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » ケアマネジャー

今日の一問一答

平日毎日更新。力試しとして、日々の勉強の手助けとして…、あなたの受験勉強のスタイルに合わせてご活用ください。



【問題】 介護支援分野

2021年01月18日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 介護保険の第2号被保険者について:医療保険加入者でなくなった日から、その資格を喪失する。
 
2 住所地特例について:要介護者又は要支援者に限定される。
 
3 住所地特例について:入所する施設が所在する市町村の地域密着型サービスは、対象外である。
 
4 住所地特例について:軽費老人ホームは、対象施設である。
 
5 住所地特例について:有料老人ホームは、対象施設ではない。
 

【答え合わせ】 介護支援分野

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 介護保険の第2号被保険者について:医療保険加入者でなくなった日から、その資格を喪失する。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
2 住所地特例について:要介護者又は要支援者に限定される。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
住所地特例とは、住所地特例対象施設に入所(入居)するために住所を移転した場合に、移転前の市町村の被保険者となるしくみをいう。住所地特例の対象となるのは、住所地特例対象施設に入所(入居)するために住所を移転した「被保険者」であり(介護保険法第13条)、要介護認定又は要支援認定を受けていることは条件とされていない。例えば、老人福祉法に基づく措置により養護老人ホームに入所した場合が該当する。
3 住所地特例について:入所する施設が所在する市町村の地域密着型サービスは、対象外である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
かつて、地域密着型サービスは、その指定をした保険者(市町村)の被保険者に限り利用できるのが原則であり、住所地特例対象施設に入所(入居)した場合、その施設が所在する市町村が指定した地域密着型サービスは利用できなかった。これが、2014(平成26)年の介護保険法の改正により、住所地特例対象施設に入所(入居)した場合でも、その施設の所在する市町村が指定した地域密着型サービスを利用できるようになった。
4 住所地特例について:軽費老人ホームは、対象施設である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
5 住所地特例について:有料老人ホームは、対象施設ではない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
有料老人ホーム(特定施設)は対象となる。住所地特例の対象となる施設(住所地特例対象施設)は、介護保険施設(介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設)、特定施設(有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム)、養護老人ホーム(老人福祉法)である。なお、2014(平成26)年の介護保険法改正により、有料老人ホームに該当するサービス付き高齢者向け住宅も対象となった。

もっと問題を解きたい人はケアマネ受験対策アプリ!

ケアマネジャー合格アプリ2019

ケアマネ合格アプリ2020 過去問+問題集+一問一答

今年のケアマネ受験対策アプリはこれ!! 「ケアマネ合格アプリ2020」は【過去問】、【問題集】、【一問一答】を収録!!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。