メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

施設の女性入居者Aさんの弟さんが危篤でICUに入ったと、ご家族から連絡をいただきました。「コロナ禍で施設の方が病院に面会に来るのは難しいと承知しています。仲の良かった叔母さん(Aさん)に亡くなった後に伝えるべきなのか、い…

専門職応援一覧

海外から来てくれる技能実習生たちが渡航できず、母国に足止めされて、もう二年近く経ちました。僕の所属法人でも技能実習生の受け入れに取り組んでおり、一期生に続き二期生の面接も終えて入国を待つばかりでしたが、完全に止まってしま…

専門職応援一覧

石坂直行さんの『ヨーロッパ車いすひとり旅』(日本放送協会出版、1973年)を再読しました。身体障害のある石坂さんは、1971年に「付き添いなしで車いすのまま」(前掲書「まえがき」)ヨーロッパ10か国を旅行しました。その貴重な体験記…

専門職応援一覧

専門家は一夜にしてならず「専門家集団にふさわしい逆ピラミッド組織へと、どうすれば改革できますか。組織図を上下逆にすればいいのでしょうか」という質問が、ある施設から寄せられました。そこで筆者は、「目指すべきゴールとして組織…

専門職応援一覧

株式会社福祉メイキングスタジオうみべ代表取締役前﨑知樹(まえさきともき) 1984年山口県生まれ。福祉系の専門学校を卒業後、障害者施設、高齢者施設などを15年ほど経験。現場で感じた「ニーズに応えら…

専門職応援一覧

がらがらぽん子ども関連政策を中心に担う「こども庁」の新設が、関係省庁の法律の分担や事務の移管業務の調整が難航し、2023年度以降に先送りされそうです。政策の一元化により切れ目のない支援が展開されるようになるか、と注目していた…

専門職応援一覧

全国的にコロナ感染者数が一気に減少しました。ここで気を緩めてしまうと、第6波がきてしまうかもしれません。油断は禁物です。世界でコロナ感染者が発生した当初は、他人事だと思っていたし、感染拡大がここまで長期化すると想像してい…

専門職応援一覧

思春期に入った女子が、父親を「生理的に嫌悪する」現象があります。すべての女子が必ずそうなる訳ではなく、どのくらいの割合の女子がそうなっているのかは定かではないものの、一群の若者女子に父親を生理的に嫌悪する事態があることを…

専門職応援一覧

改めて平穏死のハードルを考える3回にわたって「平穏死の今」を見てきました。平穏死を進めるための扉は開かれたけれど、進めるために乗り越えるべきハードル(特養の配置医の問題、家族の情念の問題)は依然として高いまま、という状況…

専門職応援一覧

特定非営利活動法人TSUBAME 代表理事小林由貴(こばやしゆき) 1987年生まれ。16歳で妊娠・出産。子どもは、妊娠中の低酸素脳症のために障がいをもって生まれた。子育てに奔走するなかで、息子の高校卒…