メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

今日は2019年12月30日。残すところあと1日となりましたね。2019年ブログ最後の日です。みなさんにとって今年はいかがでしたか。僕は「追われた一年」って感じでしたね。とにかく忙しかったぁ~数えてはいませんが、自宅で寝ることが少な…

専門職応援一覧

養護老人ホームで長年暮らしてきた方が認知症の状態になり、養護老人ホームの支援の仕組みではどうにもならず、その方の行き場探しを、直接的・間接的に見聞させてもらった。ステキだなと思えたのは、簡単にいえば措置入所させている人な…

専門職応援一覧

台湾に行ってきました。行ってきたといっても、「一日目:桃園(Taoyyuan)空港→台湾高速(新幹線で350キロほど移動)→屏東市内のホテル→二日目:車移動→会場→車移動(350キロ近くタクシーの旅)→台北市内のホテル→三日目:車移動…

専門職応援一覧

事情があって介護施設に入居してきたトメさん(仮名)だが、どんな事情であれ「本人の意思とは無関係の入居」である。しかも一旦は承知していたとしても、それを継続できない認知症の状態にあるので、この入居は周りがどんな理屈をこねよ…

専門職応援一覧

ある車の生産終了に伴い「台数限定ファイナルエディション購入優先権抽選」が行われ、応募してみた。その車に特別な思い入れをもって応募したというよりも、この年齢の僕の運を推し測るために「くじ運の悪い僕が当たるわけもない」と遊び…

専門職応援一覧

今から25年前の平成6年、39歳のとき、デイサービスのリーダーになった僕が取り組んだのは、「制度による縦割り取っ払い」「選択メニューの導入(意思)」「今みんなが言う自立支援」「夢外出」「家族間のつながり強化」「相談即応」「ワ…

専門職応援一覧

僕の研修会に何名かの職員さんを送り出してくれた介護老人保健施設の方に会いに行かせてもらったときのことですが、「あれから景色が変わってきました。」と話してくれ、施設内を案内してくれた。案内途中に「ほら、あそこ。利用者が利用…

専門職応援一覧

今週月曜日(11月11日)は、令和になって初めての「ぞろ目1年11月11日」で、切符に打刻された日付が「1並び」になります。写真は平成元年発売の切符です。鉄道マニア全開の頃は、こうした記念すべき時は切符を買うために走っていました…

専門職応援一覧

認知症になり、要介護状態になると「かつての姿はもう二度と取り戻せない」と誰もが思っていましたが、1999年東京で初めて誕生した老人福祉法に基づく「痴呆対応型共同生活援助事業」で、その姿を取り戻す実践がはじまりました。それをは…

専門職応援一覧

普段は「何のためにあるの」と思うくらい気にならない「お姉さん指」も、ケガ等で機能を果たさなくなると途端に、その存在感を増し「ありがたい存在」であることに気づかされたりする。僕の仲間で結成している災害支援法人ネットワークも…