メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

特養で発生した新型コロナクラスター。1フロアのご利用者、職員に多数感染し、もはや運営が立ち行かない状態にまで陥りました。他フロアからの応援、デイサービスからの応援により、つなぎあわせるように一日一日を乗り切るものの、全職…

専門職応援一覧

先週、内閣府主催の障害者差別解消地域協議会体制整備・強化ブロック研修会がオンラインで開催されました。私は、さいたま市の差別解消地域協議会ならびにさいたま市障害者権利擁護委員会の委員長として、さいたま市の担当職員とともに参…

専門職応援一覧

問題を明確にするコーチングを始めるにあたって、まず明確にしなければならないのが、これから取り上げようとする具体的な問題です。指導者や管理職の中には「何か困ってることはありませんか」と、スタッフに対して尋ねる人がいます。そ…

専門職応援一覧

これまでに、「情念を捨てること」や「あるがままを受け入れること」の重要性をお伝えしてきました。これらを実践することは簡単なことではありません。残念なことに、こだわりを捨てきれない人も多くいます。今回は、家族への情念を捨て…

専門職応援一覧

判定ミス?人間だもの…先週は何かと「判定」について考えさせられました。今話題の五輪での検査や採点にも、虐待問題にまつわる臨検や監査にも、判定が関係しているからです。判定を、何らかの基準で物事を見定めることだとすれば、実に…

専門職応援一覧

お昼ご飯が終わったころを見計らってグループホームを訪ねたら、女性入居者五人が寄ってきて「まだ、お昼ご飯をいただいていなんだけど」と語気強く迫られたのよォ。職員さんに聞くと、いつもより若干早めに食べたようで、その影響かもし…

専門職応援一覧

片岡幸子(かたおかさちこ)一般社団法人がんサポートナース代表理事/看護師 1967年生まれ。病院、保育園、看護学校などさまざまな現場での看護を経験しつつ、息子2人をシングルで育て上げる。2016年…

専門職応援一覧

この世で最も憎いものを一つ挙げるとしたら、私は迷わず「コロナ」と答えます。施設内で何人ものご利用者、何人もの職員が陽性になりました。なぜ、なんの罪もないご利用者を苦しめるのか。なぜ、なんの罪もない職員を苦しめるのか。介護…

専門職応援一覧

2月10日厚労省アドバイザリーボードの脇田隆字座長は、「感染者数の報告の遅れや検査のひっ迫などによって、公表データが実態と乖離している可能性が指摘されている」と発表しました。多くのメディアは、実態との乖離の原因について、保…

専門職応援一覧

虐待防止に新時代到来?厚生労働省は、児童虐待に対応する専門職の資質を高めるために、新たな資格制度を創設する方針です。4年以上の実務経験を持つ児童福祉司や2年以上の経験のある社会福祉士か精神保健福祉士が対象で、100時間程度…