メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

団塊の世代といわれる方達すべてが75歳を超える2025年。厚生労働省が今年5月に公表した推計によると、この時の介護職員の需要は244万6562人。しかし、近年の入職・離職の動向が大きく変わらず続いていった場合、2025年度の時点で210…

専門職応援一覧

その名の通り、ケアをマネジメントする重要な立場のケアマネジャー。今年も10月に行なわれる試験の申し込みが始まりました。多くの人が働きながら勉強し受験します。大変ですが、やりがいのある仕事です。頑張ってほしいです。ご利用者の…

専門職応援一覧

6月17日(日)の『ちとCafé』は、虐待をテーマに話し合います。虐待には様々な種類があると言われています。殴る、蹴る、つねるなどの身体的虐待は、私たちのように介護を職業にする者にとって論外です。暴力は断じて肯定できません…

専門職応援一覧

社会問題になっている高齢者の孤独死。内閣府の高齢社会白書によると、全国の一人暮らしの高齢者の数は2000年に比べ、2015年は約600万人に倍増しているとのことです。誰にも気付かれずに自宅でひっそりと息を引き取る孤独死。想像するだ…

専門職応援一覧

5月14日に発売された『週刊現代(講談社)』に特別養護老人ホームの特集が組まれていました。その中で、「入りたい特養ベスト58」という記事があり、私の勤務する特養千歳敬心苑が選ばれておりました。嬉しいです。もちろん、全国に9,…

専門職応援一覧

5月12日は、「看護の日」でした。1990年、当時の厚生省が「21世紀の高齢者社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要・・・」と制定したのです。この5月12日は、「クリミア…

専門職応援一覧

厚生労働省が掲げる「地域共生社会」の実現。地域課題の解決、地域丸ごとのつながり、地域を基盤とする包括的支援……ワクワクするような言葉が並んでいます。しかし、昨今の国からの政策ですから、その背景・根底には、膨れ上がる社会保…

専門職応援一覧

先日、私の勤務する特養で、入居者ご家族をお招きしての家族会総会が行なわれました。今年は法改正の年。4月はめちゃめちゃ忙しくて、正直準備不足(これは言い訳)。家族会の内容を詰められず、よい会というにはほど遠い内容でした。そ…

専門職応援一覧

私の勤務する特養千歳敬心苑のリーダー4名が、三重県にある特別養護老人ホーム美里ヒルズさんへ研修に行かせていただきました。4名別々で5日間ずつの宿泊研修。このような無茶な企画を快諾してくださった世古口施設長はじめ、美里ヒル…

専門職応援一覧

どんな介護をしている施設がよい施設なのでしょう?素晴らしいハード、エビデンス、イノベーション、どれも必要なことだと思うし、それがよい結果を生み出すとも思います。時代が介護業界にそういったことを求めているし、そういったこと…

1 / 1812345...10...最後 »