メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

ちょっと偏った見方かもしれませんが、老人ホームやデイサービスの男性利用者を見ると、おとなしい印象を受けることが多いです。同じ男として思うのですが、男って距離感を図るというか、打ち解けるまでに時間を要する。集団でレクリエー…

専門職応援一覧

平成29年3月10日(金)……私の勤務する特別養護老人ホーム千歳敬心苑が、初めての実践報告会を開催しました。会場となった地元烏山区民会館は、ほぼ席が埋まっておりました。300名ほどの方が来場してくださりました。今回は、介護職員…

専門職応援一覧

卒業のシーズンになりました。学校だけでなく、新天地への転職、異動、3月は分かれの時期でもあります。別れというとナーバスになりがちですが、別れはあくまでも環境的なもので、精神的なものまでは別れません。それを「絆」というので…

専門職応援一覧

以前に、特養職員が認知症ご夫婦の在宅介護を支える取り組みについて、このブログで紹介しました。そのご夫婦はお互い認知症を患っていますが、二人だけで自宅で暮らしています。毎日ヘルパーが入り、なんとか在宅生活を続けていますが、…

専門職応援一覧

厚生労働省で福祉人材確保対策室室長とお会いしました。先日、介護福祉士を養成する全国の大学や専門学校などで2016年度、定員に対する入学者の割合が約46%だったことが報道されたばかり。これを受け、正に「福祉人材確保」が急務となっ…

専門職応援一覧

平成29年3月10日(金)。私の勤務する特別養護老人ホーム千歳敬心苑は、開設20周年記念事業として、「実践報告会」を開催することになりました。介護職が4グループに分かれて、研究、実践してきた内容を発表します。1.「生活とは活き…

専門職応援一覧

介護施設で生活する高齢者の方たち。多くの施設では、日中リビングでテレビの前に座り、居眠りをしている人が多かったり、フロアの廊下を歩き続ける人が多かったり……変化のない毎日、よくいえば穏やかな毎日。これが、皆さんが望んだ幸…

専門職応援一覧

寝たきりで胃ろうの利用者さんが、急変した際、迅速な対応で医療機関へとつなぎ、命が救われたことがありました。その入院先に家族が面会に来た時のことです。ご家族から意外な言葉を言われました。「ありがとうございます……でも、その…

専門職応援一覧

私が17歳の時、極真空手に入門しました。そのきっかけは、『空手バカ一代』という劇画でした。この作品の中に登場する「喧嘩十段、芦原英幸」という人物に憧れ、極真空手の門を叩きました。劇中で、この芦原さんが道場破りを繰り返すシー…

専門職応援一覧

これだけ認知症のことが取り沙汰される世の中になっても、人はまだ心のどこかで「自分はならない」「うちの親はならない」そんな風に思っている、いや思いたいのかもしれません。認知症になった人の多くは、初期には自覚があるといいます…

1 / 1112345...10...最後 »