メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

鍵がない財布がないカードがないメガネがない作業用の手袋がない携帯用の懐中電灯がない貯金通帳がないお金がないとにかく、いろんな「モノ」が見当たらなくなり、二度とお目にかかれなくなることもあるが命はある友人はあるそして何より…

専門職応援一覧

利用者・入居者への不適切な言動や、それを超えた虐待が絶えない介護事業だが、時代の流れと利用者・入居者側の「備え」も耳にするようになった。そのひとつが「録音機」や「録画機」といったもので、先日もある事業者から「録音機を備え…

専門職応援一覧

グループホームに入居しているおよねさん(仮名)は、とても感情の起伏が激しい方で、怒る・泣く・叫びわめき散らかすこともある。あるとき、およねさんの傍でおとめさん(仮名)が「しょじょじ」の歌をうたいだした。「♪しょっしょっ、…

専門職応援一覧

僕の仕事のおひざ元、東京都が賑やかである。事の善し悪しは別としても「公金の使い方」を問い直す良い機会になればと思う。その意味では僕らの仕事も同じで、国民から強制的に吸い上げた「公金」で仕事をさせてもらっている以上「公金の…

専門職応援一覧

先月末、近鉄白子駅前の洋風居酒屋に40人ほどの熱い人たちが集まり、認知症に関連することについて語り合う「会」がスタートした。会の名称はまだ正式には決まっていないようだが、東京で開催されている「お福の会」(以前にブログで紹介…

専門職応援一覧

以前にも僕が関係するところで開かれることになった「認知症カフェ」のことを書きましたが(→)、昨日も愛知県碧南市の仲間が絡んで開かれたカフェのオープニング式典にお招きいただきました。「認知症カフェ」そのものが、どうかこうか…

専門職応援一覧

職員が同じ方向に向かって仕事をすることが大事だとよく言われるが、同じ方向を向くとはどういうことか。こんな質問をよくいただく。あるとき、およねさん(仮名)に起きていただくためお部屋をたずね、寝ているおよねさんに「およねさん…

専門職応援一覧

お部屋にいる婆さんが便失禁されていたのを知った職員がひとこと「やったなぁ、所長さんに言うからね」と。その後、職員は所長に「また、やっちゃった」と報告し「自分のときにばかり」とお互いに笑い合う。利用者が台所に立ってお皿を洗…

専門職応援一覧

居宅介護支援事業所のケアマネジャー(以下、ケアマネと略)が事業所に利用者の利用依頼を行うときに、情報が提供される。先日、ある事業所の方から「どう思いますか」と、この依頼書の一文を見せられてビックリポン!利用者のことを事業…

専門職応援一覧

僕にとって、見えるようでなかなか見えない南アルプスにある「北岳」。大好きな山だ。富士山に次ぐ二番目の高峰(3193m)で、威風堂々としているにもかかわらず、富士山の陰に隠れて、どうも世間に対して地味な存在のように思える山「北…