メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑の施設長。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

STILL ALIVE(まだ生きている)

 100歳のキヨさんが旅立ちました。
 何度も危ない時があったけれど、その都度、奇跡の復活を遂げたキヨさん。
 でも、今回は奇跡は起こりませんでした。

 キヨさんがもう少し元気だった頃、私の顔を見ると「あんた~いつも笑ってる。好きだ~」と手を伸ばしてくれました。そんな風に言ってくれるキヨさんが、私も大好きでした。

 15年くらい前、私と一緒に働いていた女性職員は、いつも帰るときに会心の笑顔で手を振っていました。
 彼女にその理由を尋ねると、「人間って、いつお別れが来るかわからない。もしかしたら、それが最後になるかもしれないでしょ。もし、その人が私のことを思い出してくれたら、そのときの私が笑顔であってほしいから」。そう言っていました。

 笑顔は「感染症」です。笑顔で向き合うと、相手も笑顔になる。
 あなたの思い出のなかで生きる利用者さんは笑っていますか?
 利用者さんが思い出すあなたは笑っているでしょうか?

 魂の永遠を信じているわけではありませんが、人間は人の思い出のなかで生きていると思っています。
 私たちの仕事は、排泄の介助、食事の介助、入浴の介助…といった業務を終えることでしょうか。
 80年、90年という人生が終わろうとしているのです。そこに携わる私たちは、何を求められているのでしょう。
 昨今、話題になっている人生会議。確かに死に方は大事です。だけど、生き方はもっと大事。人は死ぬまで生きるのです。笑顔で生きる人生を支援し、旅立った後に思い出すあなたが笑顔であってほしいです。


☆セミナーのお知らせ☆

 令和2年1月24日(金)横浜でセミナーを行ないます。
 新年第一弾で皆さまに元気を持ち帰っていただけたらと思います。
 是非ご参加ください。
 お申し込み・お問い合わせはこちらまで。
 https://www.kanafuku.jp/plaza/seminar/detail.php?smn_id=2410