メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑の施設長。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

「スケッター(若者よ、フキアレナサイ)」

 サービス、組織、業界そのものが未来永劫続いていくには、若い人たちに興味関心をもたれなければむずかしいです。
 介護業界も、いかにして若い人たちを巻き込んでいくか、これまでもさまざまな取り組みがされてきました。
 この度、若者が自らその挑戦に乗り込んできました。

 鈴木亮平さんが代表を務める株式会社プラスロボ。彼は27歳。介護業界の人手不足をいかにして解消するか、真剣に考え、彼はスケッターという仕組みを生み出しました。
 介護施設などの業務で、介護職でなくてもできるような仕事をスケッターに委託する。付き添いがもう一人いれば外出できるのであれば、その一人になる。また特技などを活かして、ご利用者に喜んでいただいたり、寄り添ってもらったり。
 これを事業として成立させたのが鈴木さんです。スケッターの登録者数は若者を中心にすごい勢いで増え続けています。
 しかし、スケッターで来ていただいた方への報酬は驚くほど安価です。
 鈴木さんと共にスケッターを運営するセールスマネジャーの土光雅代さんは言います。「若い人たちはお金で心が動く人より、人の役に立てる、社会の役に立てることに心動かされる人が多いと感じます。スケッターはマッチング。人材を求めている施設側と、人の役に立ちたいと思っている若者をつなぐ役割。それがスケッターです」

 実際に私の勤務する施設でも、スケッターの若者たちが協力に来てくれています。
 みんな積極的に「何かほかにできることありませんか?」という姿勢で働いてくれます。とても好感がもてます。
 しかし、こういった若者の挑戦を否定的に言う人もいるようです。
 そういうの、やめましょう。
 昔、何かの歌であったように、闘う人を闘わない奴らが笑うようなものです。

 代表の鈴木さんが見据える「一億総福祉人社会」。
 介護業界のチカラになりたくて立ち上がった若者たちが、社会全体を救うようになる日は、そう遠くないかもしれません。
 私は若者たちの挑戦を応援します。


☆セミナーのお知らせ☆

 令和2年1月24日(金)横浜でセミナーを行ないます。
 新年第一弾で皆さまに元気を持ち帰っていただけたらと思います。
 是非ご参加ください。
 お申し込み・お問い合わせはこちらまで。
 https://www.kanafuku.jp/plaza/seminar/detail.php?smn_id=2410