メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

山口ひとみさん(74歳)有限会社 青空代表取締役 (神奈川・横浜)取材・文:原口美香自宅で最期まで暮らすことはできる今、高齢者の住まいの問題は、施設か在宅かというような流れになってきています。20万円前後で入れる施設がありま…

専門職応援一覧

私の頭のなかには、完成することのない「虐待防止学原論」という本があります。そして私は、実践や教育、研究の活動を通して推敲を重ねています。先日の、静岡県社会福祉士会様からご依頼頂いた研修の打合せも、この推敲につながるもので…

専門職応援一覧

私自身、介護保険外サービスの導入などの相談が最近は増えてきています。数年前までは、他業種から介護事業への参入の相談が多くありました。以前にはアシックスの参入が話題となりました。現状の介護事業所でも、経営者の多くは他業種か…

専門職応援一覧

ホテルやレストランなどのサービス事業において、良い状態というのはどういう状態のことをいうのでしょうか。お客様つまり利用する方が多くて、利益が上がっていて、従業員の満足度も高い。確かにこれはよい状態といえます。私たちの介護…

専門職応援一覧

昨日の夜、通所介護を経営する友人からきたメール。今日は、認知症の状態にある利用者のお宅に泊まりに来ています。その方、今日奥さんを亡くされたのですが、そのことが理解できないし、話しても忘れるだろうし、混乱するんじゃないかと…

専門職応援一覧

今回は前回に引き続き「連載:働き方改革」の本音話版です(^.^)。テーマは「趣味(楽しみ)がワークとライフを充実させる」。これは、これまで研修で度々触れてきたことを書きました。私はアセスメント研修で「CADL」をかならず紹介…

専門職応援一覧

7月31日、厚生労働省は、児童虐待などで親元で暮らせない子どもの受け皿について、就学前の子どもの75%以上、就学後の50%以上を里親に担ってもらう新たな目標を公表しました。この目標は、この日に開催された社会的養護の新しいあり方…

専門職応援一覧

聖路加国際病院の日野原重明名誉院長が105歳でご逝去されました。人間ドッグを民間で初めて取り入れ、生活習慣病の名付け親でもある日野原先生。1995年に起きた地下鉄サリン事件では640人もの被害者を受け入れました。日野原先生がいなか…

専門職応援一覧

虐待事例に対応する現任者を専門的な見地から支援する「スーパーバイズ事業」というものがあります。私も、ある市の事業に関わっており、定期開催される事例検討会に参加してきました。そこでかなり頻繁に話題になることの一つに、支援者…

専門職応援一覧

滑川千穂さん(50歳)ぷちとまと☆けあ取締役・所長主任介護支援専門員・介護福祉士・認知症ケア専門士取材・文:石川未紀おとなしかった子ども時代私、一人っ子なんです。母親と祖母との三人暮らし。忙しい母親に代わって、祖母が私の面…