メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

再録・誌上ケース検討会

このコーナーは、月刊誌「ケアマネジャー」(中央法規出版)の創刊号(1999年7月発刊)から第132号(2011年3月号)まで連載された「誌上ケース検討会」の記事を再録するものです。
同記事は、3人のスーパーバイザー(奥川幸子氏、野中猛氏、高橋学氏)が全国各地で行った公開事例検討会の内容を掲載したもので、対人援助職としてのさまざまな学びを得られる連載として好評を博しました。
記事の掲載から年月は経っていますが、今日の視点で読んでも現場実践者の参考になるところは多いと考え、公開することと致しました。


第6回 50代で脳出血を発症した元会社社長への支援
(2005年1月号(2004年12月刊行)掲載)

スーパーバイザー

野中 猛(日本福祉大学教授)

事例提出者

Yさん(居宅介護支援事業所・社会福祉士)

事例の概要

クライアント

N氏(59歳・男)

本人の主訴

自宅で在宅生活を送りたい(身内や知人の介護者が皆いなくなってしまった)。

親族の要望

本人の思うように生活していけばいいと思う(投げやりな感じで)。

生活歴

サラリーマンを辞め、独立し会社を興す。妻と2人の子ども(長女と長男)がいたが離婚。その後は内縁の妻とその子どもと3人で暮らしていた。だが、本人が倒れた後家を出て行き、現在はひとり暮らし。

病歴等

平成14年1月 左被殻脳出血。右片麻痺。失語症。
平成14年3月 リハビリ目的で転院
平成14年8月 退院
平成15年9月 老健入所
平成16年2月 退所

既往歴

糖尿病、高血圧(内服治療中)

要介護度

要介護2