メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

和田行男の婆さんとともに

和田 行男 (和田 行男)

「大逆転の痴呆ケア」でお馴染みの和田行男(大起エンゼルヘルプ)がけあサポに登場!
全国の人々と接する中で感じたこと、和田さんならではの語り口でお伝えします。

プロフィール和田 行男 (わだ ゆきお)

高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。
特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は株式会社大起エンゼルヘルプ地域密着・地域包括事業部 入居・通所事業部部長。介護福祉士。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

NHKオンラインフォーラム


 今週はNHK厚生文化事業団主催のオンラインフォーラム「認知症 新時代」をご案内します。

オンラインフォーラム
認知症 新 時代
~コロナ禍に紡ぐ新たなつながり~

〇開催日時
12月06日(日)
開演(配信):午後3時 終演:午後5時30分
〇定員 500名 定員になり次第閉めきり
〇参加無料 インターネットで通信料のみ自己負担

〇出演
 池田 学氏
(大阪大学大学院医学系研究科 精神医学教室 教授)
 鈴木森夫氏
(公営機社団法人認知症の人と家族の会代表理事)
 和田行男
 町永俊雄氏
(福祉ジャーナリスト コーディネーター)

 池田さんは、認知症の研究者であり臨床医として第一線で活躍されている僕が敬愛する医師で、元熊本大学病院で初期集中支援チーム熊本モデルをけん引された医師です。
 池田さんと初めてご一緒させていただいたのが、NHK教育の町永さんの番組で、企画骨子は池田さんが唱えていた「疾患別ケア」に向けて「和田VS池田」でしたが、終わってみると池田さんのお付きの方から「まるで夫婦みたいでしたよ」と。今思えば笑っちゃいます。
 ほんと、久々にご一緒させていただきます。
 ぜひ、池田さんのお話を聞いてみてください。

追伸

支援してもらっている外国人労働者の支援を

 新聞報道によると、11月1日埼玉県川口駅前に生活相談、医療相談、衣服の無料配布などが集まった「テント村」が開設されたそうです。コロナ禍で生活や仕事に困っている外国人向けに開催されたようですが、なんと300人もの人が来村したとか。

 先日も、家畜を盗難し解体したベトナム人のことが話題になりましたが、コトはかなり深刻な事態になっているのではないでしょうか。

 在留資格がないため働けない人、体を壊しても病院に行けない人、住む場所を追い出された人、携帯電話もなければ日本語もままならない中、お金がなければ「生きていくためには犯罪も止む無し」に至ることは容易に想像できます。

 日本人が寄り付かなくなった・寄り付かない業種では人手が不足し、それでも日本人が欲するため外国人の手を借りてでもやるしかないとなり、「外国人労働者様さま」とばかりに就業しやすい仕組みにして多くの方を受け入れておきながら、その成果を享受しておきながら、外国人労働者にとって厳しい状況になったときに差し伸べる手をもたない日本国だとしたら、日本人だとしたら、どなた様からであれ「ご都合国」「ご都合人」と咎められても何も言えないでしょう。

 新聞に掲載した作家さんは「外国人への公的支援の拡充が、一刻も早く必要だ」と結んでいましたが、きっと実情を知れば知るほど、その必要性を感じるのではないでしょうか。

 同時に、貧困が犯罪の温床になることは目に見えているのですから、雨風しのげてゆっくり眠れる場と物、栄養価の高い美味しいと思える食糧、必要な医療と教育、日本語を学べる機会、少しの娯楽道具に少しのお金だけでも公的支援として行き届かせるべきでしょう。

 まぁ日常生活に必要なモノは、この国はひと声かければたくさん集まるでしょうからね。

 それにしても実態を早急に把握すべきで、重大な事態が発生しないうちに、先手の施策を。
(もうわかっている?もう手を打っている? ならいいのですが…)

追伸2

 日本に台風が来ないと思ったら、こともあろうに僕が関係するベトナムに台風被害が発生し、うちの技能実習生たちの実家が被災したようです。すぐに連絡を取ると「衣類に困っている」とのことで、社内で集めて送りました。
 でもふと思ったのは、日本人が着衣する物は「made in ベトナム」が多い衣類原産国ベトナムではないか。ならば「お金を送金して現地調達してもらうのが良いのでは」と。
 ところが、そこはなかなか難しいお国の事情が絡むようで、高額な送料をかけてでも送るのが良いとのこと。
 国ちがえば人ちがえば社会が違うのは当たり前でしょうが、何とも???ですね。

写真

 先日、栃木県から名古屋の自宅に戻る道中、中央高速道路で出会った朝方の光景ですが、少し赤くなった富士山(右端)に巨大なUFO雲が襲い掛かろうとしていました。
 僕は「地震雲?」と思って友人に写メを贈ったら「パワーがないから違う」との回答でしたが…ほんまかいな??




【前の記事】

ステキな質問

【次の記事はありません】

ホームへ戻る