メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

教えて!受験勉強Q&A

合格者の体験談や編集部からのアドバイスを中心に、みなさんから寄せられた資格受験に関する質問にお答えするコーナーです。さあ、一緒に“合格”を目指しましょう! 質問も募集しています。

【投稿募集】みなさんからの質問をお待ちしています!

相談したいことがある方はメールをお寄せください。サイト上で回答させていただきます。なお、内容を編集させていただく場合がありますことと、メール多数の場合はすべてのご質問にお答えできかねますことを、あらかじめご了承ください。

【質問方法】

本文に相談内容(できるだけ具体的に)、ハンドルネーム(掲載時に使用)をご記入のうえ、下記のメールアドレスまでお送りください。

【メールアドレス】

kaigofukushi@caresapo.jp

※投稿いただいた内容は当サイト以外の目的には使用いたしません。

就職が不安です(2019年10月15日)

 社会福祉士の試験は2月で、合格発表は3月。就職が内定しても、資格取得ができないと内定取消しもありえます。不安が大きく、他の分野で就職口を探す人も多いので、なんだか自分だけ取り残されたような気もしてきます。

(かみやさん)

周りに流されずに、自分の動機を見つめなおしてみてください

 合格発表の時期が遅く、就職との兼ね合いで不安が大きいという話はよく耳にします。1回の試験の合否が、就職に影響してしまうのですから、「気楽に臨んでください」と言っても無理でしょう。

 周りに、福祉分野以外への就職を決め、「試験は記念受験」のようなスタンスの人がいると、気持ちがひきずられる可能性もあります。就職活動を早めに終えている人たちを見て、焦りやうらやましさなども感じるかもしれません。

 しかし、就職活動時期や試験の日程、合格発表が遅いことは、自分の力ではどうしようもありません。周りに左右されて不安にかられたり、モチベーションを下げたりしてしまうのは、もったいないです。

 近視眼的には、資格取得が就職を左右するかもしれませんが、長い目で見れば、今回の受験は、人生の中でも大きなチャレンジの1つになるはずです。

 なぜ資格を取るのかという動機を再考し、しっかり試験を見据えて社会福祉士の資格取得を目指してください。