メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

介護業界のよいところ

 私は20歳の時、日本福祉教育専門学校を卒業しました。あれから17年経ちます。その時は学校のクラス数も多く、学科も多くありました。しかし今は、私の母校だけでなく、介護系の専門学校に進む学生が激減しています。

 少子化だけが問題ではありません。私たち介護業界の一人ひとりがこうした事態を招いていることもあるのではないでしょうか。

 給与が上がらない!賞与が少ない! 休みが少ない! 人間関係が悪い!

 問題を提議することも大切ですが、そういったことばかりを連呼する大人を見て、学生はどう感じるでしょう。

 介護業界の明るい点や良い点にも目を向けて発信すべきだと思います。本ブログをお読みいただき、皆さんが自分たちの業界の良いところを再考するきっかけになれば光栄です。

 以下は、私が感じる介護業界の良いところです。

利用者から多くのことを学べる

 利用者の歩んできた人生はさまざまです。教師、大工、コック、専業主婦、戦争体験のある人、経営者、僧侶、囚人…、そういった多くの業界、経験をもつ人と密に接することは多くの学びがあります。会話の中で自分の人生と照らし合わせて考えることができます。

 自分はどのように年老いていきたいか、どんな死に方をしたいか。そのためには、どんな生き方をすべきか。年齢に関係なく考えるきっかけ、学びを得ることができます。

自分の身内が介護を必要とする際に必要な知識をえることができる

 いざ自分の家族に介護が必要になったとき、どのように行動して、どのように対処すべきかという知識を蓄えることができます。

これからの日本を支える仕事

 日本は世界で類をみない速度で高齢社会になっています。日本の介護モデル、姿勢は世界をけん引する仕組みになると思います。ビジネス的に大きなチャンスであり、「世に生を得るは事を為すにあり」を体現できる、自分の人生を意味あるものにするために尽力する価値のある仕事と思います。

介護報酬が一律であり工夫次第で差別化できる

 一見、介護報酬の変動によって大変に感じますが、これは同業者全体が同じルールで行うべきものです。だからこそ、努力次第、工夫次第で差別化し勝ち残れると感じます。

9割は国が支払ってくれるために回収リスクがない

 他業種は売掛金の回収のために労力を費やし、そして最悪、集金ができないこともあります。そう考えると国保連の請求業務はありがたいことです。

献身的な人が多い

 自分が!自分が!という利己的な考えの人が多い世の中で、利用者様に喜んでぼしい!何とか力になりたい!と考えて頑張っている人が多くいます。だからこそ大雪、台風でも自転車やバイクで移動して頑張ると思います。

 大震災の時もそうですが、他業種であれば店を閉め、仕事を終え、自分の避難や家族の安否を確認するための行動をすることもできます。しかし、被災地の介護業界の方々は自己の都合よりも、利用者を優先しました。こういった姿勢を貫けるのは業界の良さ、素晴らしさと実感します。

文化の継承を担っている

 利用者と会話をしていると、昔は○○だったよ!と話されることが多くあります。

 認知症だからな?と疑問に感じることもありますが、向き合うことで事実であった埋もれた地域の歴史を知ることもできます。

 私の経験ですが、10年前、まだ現場で訪問介護を行っていた時ですが、認知症の男性の利用者がいつも昔、ここにはプロ野球があったと言うのです。東京都武蔵野市にそういった野球場はなく、野球好きの私でも知りえることではありませんでした。

 しかし、あまりにも毎回話されるので調べてみました。本当だったのです。国鉄スワローズの武蔵野グリーンパーク球場というのがあり、実際に16試合行われていたのです。こういった地域の歴史を利用者様から教えていただき、私は職員や後輩に伝えていくことで地域の歴史、文化が伝承されます。介護の仕事を通して文化、歴史の継承を担っているのだと思います。

笑顔になれる

 何か嫌なことがあっても、利用者と話をすると楽しくなることが多くあります。台風の時、独居の利用者にお迎えに行った時のこと。「今日は風も強くて心細かったから、朝、お迎えに来てもらって本当に安心。ありがとう」と言ってもらえたこと、数えたらきりがありません。そういう言葉をいただくことで笑顔になれます。

心の持ち方で結果が変わる。
楽観か悲観か、積極か消極か。
心のあり方で、物の見方が変わってくる。
松下幸之助