メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業経営に必要な考え方

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

縁(えん)と縁(ふち)

 6月6日は社長になって17年でした。24歳で起業し、早17年。あっという間です。2002年6月6日にワンルームマンションからスタートしました。
 周囲の皆様のご協力があってのものです。初心を忘れず頑張ります。今後ともよろしくお願いします。

(このマンションの2階の1室からスタートしました)

 6月7日には沖縄県那覇市にてセミナーを開催し、終了後に懇親会を行いました。懇親会では、受講生同士のつながりをつくるのも主催者の役割の1つとして大切にしております。

 よく言う、ご縁という言葉ですが、縁(えん)と書いて縁(ふち)とも読みます。なぜ、ご縁(えん)と縁(ふち)、同じ漢字を使うのでしょうか?

 10年前、故松原泰道先生に月1回、お話を伺う勉強会に参加しておりました。その際に教えていただいた話です。

「縁について
網の目は個々の縁が四辺を共有している。1つの網の目の縁を切り取ると、すべての網の目に影響が出てしまい、網の形状を保有できなくなる」。

 人と人とのつながりも同様です。縁(えん)=縁(ふち)。毎日の縁を大切にしていくことが求められます。

 ビジネスは人間関係です。ご縁を育むことが大事だと思います。縁と人脈をどのようにしていくのか? それを考えることを大切にしたいと思います。

【次の記事はありません】

ホームへ戻る