メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

ケアマネジャー手帳・ケア手帳

『ケアマネジャー手帳2022』・『介護職必携 ケア手帳2022』が完成
今年も使いやすい手帳ができあがりました!

 このページでは、ケアマネジャーや介護専門職向けの必須アイテムである手帳に関連する情報をお届けします。例えば、手帳の完成のお知らせや新しく追加した内容、制度改正等に関する補遺情報などなど。定期的にチェックしてみてください。

 ケアマネジャー向け➡『ケアマネジャー手帳』
(監修:高室成幸・編集:ケアマネジャー編集部
販売価格は1,540円(税込)

→ご注文はこちら

 介護専門職・サ責・生活相談員等➡『介護職必携 ケア手帳』
(監修:公益社団法人日本介護福祉士会・編集:おはよう21編集部)
販売価格は1,540円(税込)

→ご注文はこちら

第14回 ケア手帳2022からのお知らせ

ケア手帳2022は9月中旬発売

 これまで、「介護職必携 ケア手帳」は10月初旬の発売でしたが、2022年版より半月程度早めて発売を開始いたします。9月中旬には全国の書店に並びます。

ケア手帳って?

 ケア手帳をご存じない方に。本手帳は、日本介護福祉士会監修による介護職向け専用手帳で、水平に開く綴りと豊富な余白で書き込みやすさを追求し、さらに、役立つ資料集で介護業務をサポートします。
 カバーはリバーシブルデザインで、ペンホルダーもついて便利です。
 サービス提供責任者から施設の介護職、在宅のヘルパーまで、多くの皆さまにご活用いただける手帳となっています。ぜひ、書店で手に取って確認してみてください!

2022年版の特徴

 皆さまの要望にお応えして、2021年版まではついていなかった、『ペンホルダー』を2022年版より搭載しました。これが一番大きな特徴ですが、そのほか、資料集には、『2021年度介護報酬改定トピックス』や「感染症と災害時の日ごろの備え」など、制度改正情報、コロナ関連情報を新しく収載しました。

〔手帳の活用の仕方〕〔連携先・連絡先一覧〕

 「ケア手帳2021」まで資料集に収載していた「手帳の活用の仕方」を、コンテンツの増量に伴い、2022年版では割愛させていただきました。そこで、下記にPDF版を掲載しましたので、必要な方は印刷して資料集に挟み込んでご活用ください。
 また、連携先・連絡先一覧も都合上1ページのみ収載していますので、この一覧がもっと必要だという方は、下記を印刷してご使用ください。

 




手帳の活用の仕方

連携先・連絡先一覧