メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業経営に必要な考え方

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

責任

 3.11から8年。未だに5万人の方が避難生活をされています。私自身も震災から2年後に岩手県のプロジェクトを通して被災地の現状を目の当たりにし、現地の方から実際に現状を耳にしました。

 あのとき、普通の生活がいかに幸せなことか! 仕事ができることが幸せなことか! 周囲の人たちと一緒に入れることが幸せなことか! と当たり前の日常が幸せなことと実感しました。

 多くの尊い命が失われた日です。1年の中で、一番、考えさせられる日です。

 私自身2013年4月~2014年3月まで岩手県と介護人材育成確保のコンサルティング契約をし、被災地である沿岸部にも毎月のように行き、現地の介護事業経営者の方や介護従事者の方と接してきました。その方から実体験を伺うことができました。

 高台にある老人ホームのスタッフの方から聞いた話です。津波が自分の家の辺りを飲み込む光景が見えたそうです。“母親と祖母が家にいるかもしれない”と心配になったそうです。本来の人の気持ちとしては、“仕事を抜けて家族の安否確認、救出に向かいたい!”そう感じるものだと思います。例えば、飲食業や製造業であれば、震災等の被害が出た際はお客様が来ることは少なく、自分の身内の安否確認に向かうことができます。しかし、介護福祉の仕事はそうはいきません。目の前には利用者様がいます。それから数日間、家族の安否を確認する余裕もないほど、施設で利用者様のケアに従事したそうです。幸い、その方の家族は無事だったとのことです。こういう同じような体験をした方が多くいます。

 介護福祉の仕事は、時に自分の家族よりも優先し、利用者様のケアを行わなくてはいけません。それが義務とかではなく、自分の仕事の使命だからです。大変な状況を乗り越えてきた介護職の方がたくさんいます。どの業界でも「お客様のために!」という理念はあります。

 しかし、介護、医療の仕事ほど、これを実践できた業界はないと思います。言葉だけでなく、大きな災害時に利用者様のために! と歯を食いしばってサービスにあたった介護福祉業界の方が実践してくれたことは、介護福祉業界の魅力だと感じました。

 日本は1000年周期の地震の活動期に入っているということを提言している地震研究家も居ます。それにどう備えていくか? 東北の介護業界の方々が実践してくれた姿勢を模範にし、危機意識をもち、自分の住む地域で、万が一、そういった事態になったときにどうするか? 準備をしておくことが大事なことではないでしょうか?

 大前研一先生をご存知でしょうか? 経営者の方はご存知の方も多くいると思います。
 その大前先生の訳書に『ハイコンセプト~新しい事を考え出す人の時代~』(三笠書房)という書籍があります。「介護従事者が時代をリードする!」という内容が書かれています。そのなかの一文を紹介します。

「「専門力」ではない「統合力」の時代、このニ、三十年ほどの間、世の中はある種の知識を持った特定の人たちのものであった。プログラマー、弁護士、MBAなどである。だが、これからの世界で成功を収める上でカギを握る要素は変わりつつある。未来をリードするのは、何かを創造できる人や他人と共感できる人、物事に意義を見いだせる人である。つまり、芸術家や発明家、デザイナー、ストーリーテラー、介護従事者、カウンセラー、そして統括的に物事を考えられる人である。」

(『ハイコンセプト~新しい事を考え出す人の時代~』26頁から部分抜粋)

 未来をリードする職種に介護従事者が入っていると記述されております。これはどういうことなのか? 残念ながら、介護従事者全員が当てはまるわけではありません。

 仕事を通して、文中にもあるように「物事に意義を見出す」という意識が必要なのだと感じます。介護の現場では多くの利用者様と接します。何故、この利用者様と出会ったのか? その際に、認知症、寝たきりの方、遠慮気味の方、さまざまな方がいます。そういった関わりのなかで、ちょっとした一言、ちょっとしたため息、ちょっとした顔色の変化などに、介護の現場では意味を見出そうとします。

 そういった日々の仕事を通して感性を磨いています。利用者様は何を教えてくれたのか? どんなことの学びにつながるのか? など、個人個人で仕事に意義を見出していくことで、新しい考え方が生まれていくと思います。

 ちょっとした物事に意義を見出していくことを常に行っています。しかし、それを活かすことができていない、当たり前になってしまっていることがあります。物事に意義を見出すことを意識していくことが重要だと改めて感じました。

「僕が生きる今日はもっと生きたかった。誰かの明日かもしれないから。」

(かりゆし58『さよなら』)

写真は大槌町(2013年4月)

【前の記事】

忙しさアピール

【次の記事はありません】

ホームへ戻る