メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

介護事業経営者研究会in北九州

 先週の金曜日から土曜日にかけて、北九州にて「九州研究会」を行いました。これは、株式会社EPOの牧村社長のご好意により、同社事業所の研修室で行われた勉強会です。

 牧村社長は女性の経営者で、バイタリティのある方です。年齢は私より○歳上ですが(笑)、なんと!現役の女子大生でもあります。

 また、すばらしいのが同社の理念です。それは、

 介護の仕事に「夢」と「プライド」を!

 というもの。大変共感できますね。スタッフが仕事にプライドをもつ。それが利用者の満足や幸せにつながります。そして自分自身の仕事のがんばりが評価され、喜ばれることで自身も成長していきます。結果として、自分に自信をもつことができ、夢をもつようになります。

 同社はこの理念が浸透しているので、職員も皆明るく、元気です。何よりも社長との関係性が深く、自分の意見を言い合える雰囲気ができています。こうした関係性は、社内のちょっとした会話からもわかります。

 牧村社長は、スタッフを紹介する際も「可愛いやろ~」と愛情たっぷり。彼らを大切にしているのです。職員研修の機会も多くあるようで、外部、内部の研修にはほぼ全員が参加できる機会をつくっています。

 今後、介護業界は、介護報酬の問題だけでなく、労働人口の減少に伴うスタッフの確保が課題です。そうした先を見据えた人材確保、人財育成のためには、成長できる場、機会を整えていくこと、スタッフとのコミュニケーションの重要さを再認識しました。

「多機能ホーム えん」を見学

美容室も完備!
施設の至る所に格言があります

tsujikawa1125-2

【前の記事】

関連事業で相乗効果

【次の記事】

イベントの提案
tsujikawa1209-1