メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 介護福祉士

月イチ確認テスト

前の月の「今日の一問一答」の問題から20問を抜粋し、月に一回、「確認テスト」を開催します。満点が取れるまで繰り返しチャレンジしてはいかがでしょうか?

2017年12月分の確認テスト

2018年01月15日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

設問
1
骨粗鬆症(osteoporosis)の特徴として、低身長化がみられることがあげられる。
 
設問
2
インスリン(insulin)は糖尿病(diabetes mellitus)の発症早期には投与しない。
 
設問
3
高齢の女性では腹圧性尿失禁が多い。
 
設問
4
ピック病(Pick disease)では、常同行動が現れる。
 
設問
5
認知症(dementia)の高齢者が誤ったことをした時は、間違った点を指摘し、反省を促す。
 
設問
6
認知症(dementia)の症状のある利用者は、自らの要求を言葉で伝えられないことがあるので、表情や顔色などをよく観察する。
 
設問
7
在職中に若年性認知症(dementia with early onset)になった人とその家族に対しては、本人の年齢に関係なく、初回の面談で介護保険の利用を勧める。
 
設問
8
ICF(International Classification of Functioning,Disability and Health:国際生活機能分類)にしたがうと、片麻痺のある人がトイレに行けないのは「活動制限」である。
 
設問
9
ソーシャルインクルージョン(social inclusion)の理念は、すべての人を社会の一員として包み込み、共に支え合うことである。
 
設問
10
ダウン症候群(Down’s syndrome)の症状として、難聴がある。
 
設問
11
呼吸機能障害のある人が日常生活で工夫すべきこととして、すばやく歩くことがよい。
 
設問
12
「日常生活動作(Activities of Daily Living:ADL)」に分類されるものとして、買い物がある。
 
設問
13
大腿骨頸部骨折(femoral neck fracture)は、高齢者の転倒による骨折(fracture)として多い。
 
設問
14
嘔吐の際は、誤嚥による窒息を予防するために、顔を横に向ける。
 
設問
15
切迫性尿失禁は、尿意を感じて我慢できずに失禁してしまう排尿障害である。
 
設問
16
メラトニン(melatonin)は、睡眠を促進するホルモン(hormone)である。
 
設問
17
民生委員は、児童福祉法による児童委員に委嘱することは禁じられている。
 
設問
18
償還払いとは、費用の見込額を利用者に交付し、サービス利用後に精算する方式である。
 
設問
19
障害支援区分の審査・判定は、市町村審査会が行う。
 
設問
20
生活保護制度における介護扶助は、現物給付が原則である。
 

採点結果

あなたの得点は 点です。

問題と解答・解説

設問
1
骨粗鬆症(osteoporosis)の特徴として、低身長化がみられることがあげられる。
正しい答えは『○
骨粗鬆症では、胸椎・腰椎が潰れることにより、身長が短縮する。
設問
2
インスリン(insulin)は糖尿病(diabetes mellitus)の発症早期には投与しない。
正しい答えは『×
糖尿病のタイプにより発症早期にインスリン治療が必要な場合がある。1型糖尿病はインスリン分泌能力がないか極度に低下した状態であり、その治療にインスリン投与が必要となる。
設問
3
高齢の女性では腹圧性尿失禁が多い。
正しい答えは『○
腹圧性尿失禁は、咳やくしゃみをした際の腹圧の上昇により、尿が漏れ出てしまう尿失禁のことである。出産や加齢などによる骨盤底筋群の脆弱化が原因となり、女性に多くみられる。
設問
4
ピック病(Pick disease)では、常同行動が現れる。
正しい答えは『○
常同行動とは、同じメニューしか食べない、同じ道しか通らないなど、常に同じ行動を繰り返すことをいう。
設問
5
認知症(dementia)の高齢者が誤ったことをした時は、間違った点を指摘し、反省を促す。
正しい答えは『×
間違いを指摘するのではなく、正確な見当識や判断をそれとなく提示するといった支持的な対応が必要である。
設問
6
認知症(dementia)の症状のある利用者は、自らの要求を言葉で伝えられないことがあるので、表情や顔色などをよく観察する。
正しい答えは『○
認知症が進んでも最後まで感情は残されているが、不快や苦痛を言葉で訴えることができないので、しぐさや身体の変化に対する観察が必要となる。
設問
7
在職中に若年性認知症(dementia with early onset)になった人とその家族に対しては、本人の年齢に関係なく、初回の面談で介護保険の利用を勧める。
正しい答えは『×
若年性認知症は介護保険の特定疾病であるため、40歳以上であれば第2号被保険者として介護保険を利用することができる。39歳以下の場合は、介護保険は対象外となるが、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスを利用することができる。
設問
8
ICF(International Classification of Functioning,Disability and Health:国際生活機能分類)にしたがうと、片麻痺のある人がトイレに行けないのは「活動制限」である。
正しい答えは『○
トイレに行けないのは、片麻痺のために心身機能または身体構造上の問題があり、トイレに行くという活動ができないことであるから、活動制限である。
設問
9
ソーシャルインクルージョン(social inclusion)の理念は、すべての人を社会の一員として包み込み、共に支え合うことである。
正しい答えは『○
ソーシャルインクルージョンとは、高齢者や障害者、ホームレス、外国籍の人など、あらゆる人が包み込まれて生きる地域のあり方を提言する理念である。
設問
10
ダウン症候群(Down’s syndrome)の症状として、難聴がある。
正しい答えは『○
ダウン症候群の人は、難聴や心疾患を合併していることが多い。その他の合併症として、肺血管が固くなる肺高血圧症、十二指腸閉鎖、鎖肛、頸椎の異常である環軸椎不安定症、眼科的な異常などがある。
設問
11
呼吸機能障害のある人が日常生活で工夫すべきこととして、すばやく歩くことがよい。
正しい答えは『×
歩行や動作を急ぐと呼吸が浅く、速くなるために息切れをすることがある。自分のペースでゆっくり歩行することが大切である。
設問
12
「日常生活動作(Activities of Daily Living:ADL)」に分類されるものとして、買い物がある。
正しい答えは『×
買い物は、IADL(Instrumental Activities of Daily Living:手段的日常生活動作)に分類される。食事を摂取するために献立を考え、食材を購入するために店に行き買い物をすることになるなど、基本動作の延長線上にある複雑な動作といえる。
設問
13
大腿骨頸部骨折(femoral neck fracture)は、高齢者の転倒による骨折(fracture)として多い。
正しい答えは『○
大腿骨頸部骨折は、足の付け根の骨の骨折である。大腿骨頸部骨折がきっかけで寝たきりになる人も多く、廃用症候群を引き起こす要因になる。
設問
14
嘔吐の際は、誤嚥による窒息を予防するために、顔を横に向ける。
正しい答えは『○
嘔吐時、顔を横に向けることで、口の中に残っていた吐物が自然に流れ、誤嚥による窒息を防ぐことができる。
設問
15
切迫性尿失禁は、尿意を感じて我慢できずに失禁してしまう排尿障害である。
正しい答えは『○
切迫性尿失禁とは、十分な蓄尿がないにもかかわらず、膀胱が過敏になり収縮し、急に強い尿意を感じて我慢できず漏れ出てしまう症状である。
設問
16
メラトニン(melatonin)は、睡眠を促進するホルモン(hormone)である。
正しい答えは『○
メラトニンは、睡眠作用と概日リズムを調整する作用をもっている。
設問
17
民生委員は、児童福祉法による児童委員に委嘱することは禁じられている。
正しい答えは『×
児童福祉法第16条第2項で、「民生委員は、児童委員に充てられたものとする」とされている。また、民生委員の委嘱は、児童福祉法の児童委員としても、適当である者を推薦することとされている(民生委員法第6条第1項)。
設問
18
償還払いとは、費用の見込額を利用者に交付し、サービス利用後に精算する方式である。
正しい答えは『×
償還払いとは、利用者が費用をいったん全額立て替え、後に利用者負担分を除いた分の払い戻しを受ける方式である。問題の記述は、概算払いである。
設問
19
障害支援区分の審査・判定は、市町村審査会が行う。
正しい答えは『○
障害支援区分とは、障害の多様な特性その他の心身の状態に応じて必要とされる標準的な支援の度合いを総合的に示すもので、市町村審査会が審査判定を行う。
設問
20
生活保護制度における介護扶助は、現物給付が原則である。
正しい答えは『○
介護扶助と医療扶助は現物給付、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助は金銭給付が原則である。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2018 過去問題+模擬問題+一問一答

介護福祉士合格アプリ2018
過去問題+模擬問題+一問一答

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2018年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問題」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問題」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。