メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 介護福祉士

月イチ確認テスト

前の月の「今日の一問一答」の問題から20問を抜粋し、月に一回、「確認テスト」を開催します。満点が取れるまで繰り返しチャレンジしてはいかがでしょうか?

2018年05月分の確認テスト

2018年06月15日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

設問
1
介護福祉職が利用者の自立を支援する際には、利用者の自己選択・自己決定を支援するようにする。
 
設問
2
下肢筋力が低下して介護を必要とする人に適した浴室改修の方法として、浴室の入口は引き戸にする。
 
設問
3
高齢者の整容支援の注意点として、義歯は乾燥させてからケースに保管する。
 
設問
4
片麻痺の下肢に装具を使用して杖歩行する場合には、杖、麻痺肢、健肢の順で歩行する。
 
設問
5
男性用尿器を使用する際は、仰臥位よりも側臥位のほうが排尿しやすい。
 
設問
6
安眠を促す生活習慣として、就寝前に、温かいコーヒーや紅茶を飲む。
 
設問
7
家族の悲嘆に対するケアは、終末期ケアとともに行う。
 
設問
8
介護過程の目的は、多職種がそれぞれ異なる最終目標をもつことである。
 
設問
9
介護計画を立案する際は、利用者の同意を得る。
 
設問
10
利用者は、チームアプローチ(team approach)の中心である。
 
設問
11
エリクソン(Erikson, E.)の発達段階説において、青年期の発達課題として、同一性の獲得がある。
 
設問
12
高齢者は、喉の渇きに対する感覚が鈍くなり、脱水状態になっても気がつかないことがある。
 
設問
13
加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理のうち、自分の行動や失敗を自分以外のところに原因があり都合のよい理由をつけて自分を正当化することを、昇華という。
 
設問
14
関節リウマチ(rheumatoid arthritis)では、主に明け方になると、手を思うように動かせないなどの症状がある。
 
設問
15
老化に伴い、近方視力よりも遠方視力が低下する。
 
設問
16
脱水時の状態として、めまいがみられる。
 
設問
17
認知症(dementia)の高齢者でも、判断力は低下しない。
 
設問
18
認知症(dementia)と比較した場合のせん妄(delirium)の特徴として、日内変動を認めることが多い。
 
設問
19
アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer's type)に対しては、薬物療法で病気の進行を完全に止めることができる。
 
設問
20
前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia)の人によく見られる症状に、ちょっとしたことで泣いたり笑ったりすることがある。
 

採点結果

あなたの得点は 点です。

問題と解答・解説

設問
1
介護福祉職が利用者の自立を支援する際には、利用者の自己選択・自己決定を支援するようにする。
正しい答えは『○
自立支援とは、単に身体的行為だけでなく、精神的な自立を支援することも重要である。日常生活を自分でできるようにすることだけでなく、自らの意思で選択・決定し、社会で役割をもって活動することを支援する。
設問
2
下肢筋力が低下して介護を必要とする人に適した浴室改修の方法として、浴室の入口は引き戸にする。
正しい答えは『○
浴室の入口は引き戸が望ましい。また、3枚引き戸にすると介護者の出入りが容易になり、今後、介助式車いすが必要な状況になったとしても出入りがしやすい。
設問
3
高齢者の整容支援の注意点として、義歯は乾燥させてからケースに保管する。
正しい答えは『×
義歯は乾燥に弱く、外してそのままにしておくと変形やひび割れの原因になる。このためケースに清潔な水や義歯洗浄剤などを入れて義歯を保管するようにする。
設問
4
片麻痺の下肢に装具を使用して杖歩行する場合には、杖、麻痺肢、健肢の順で歩行する。
正しい答えは『○
杖、麻痺肢、健肢と歩行することで、装具により足関節の動きが調整でき、下肢の支持性も高まり、足先を引きずらずに歩行できる。
設問
5
男性用尿器を使用する際は、仰臥位よりも側臥位のほうが排尿しやすい。
正しい答えは『○
尿器を使用する際は、腹圧をかけやすいように膝を曲げ、やや前傾姿勢になると排尿しやすい。側臥位ではこの姿勢が取りやすい。また仰臥位に比べ、尿器やペニスを自分で支えることが容易であるため、尿器が安定しやすい。
設問
6
安眠を促す生活習慣として、就寝前に、温かいコーヒーや紅茶を飲む。
正しい答えは『×
就寝前にコーヒーや紅茶などの刺激性のある飲み物は避けたほうがよい。コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれており、覚醒作用がある。
設問
7
家族の悲嘆に対するケアは、終末期ケアとともに行う。
正しい答えは『○
終末期ケアの対象には家族も含まれる。大切な家族や近しい人の身に訪れた現実に、家族も動揺し悲嘆するのは当然のことである。
設問
8
介護過程の目的は、多職種がそれぞれ異なる最終目標をもつことである。
正しい答えは『×
介護過程では多職種がそれぞれ異なる最終目標をもつのではなく、利用者にかかわる多くの職種間で目標が共有され、その目標に向けた整合的な支援が行われることが必要である。
設問
9
介護計画を立案する際は、利用者の同意を得る。
正しい答えは『○
介護計画は利用者の同意を得るのはもちろんのこと、家族に対してもできるだけわかりやすく説明し、同意を得る必要がある。
設問
10
利用者は、チームアプローチ(team approach)の中心である。
正しい答えは『○
チームアプローチは利用者の望む生活を実現するために行われるものである。支援の計画、内容・方法は本人の了解を得て実施され、実施中の利用者の変化、要望などを考慮して、内容の検討や変更が行われる。
設問
11
エリクソン(Erikson, E.)の発達段階説において、青年期の発達課題として、同一性の獲得がある。
正しい答えは『○
身体的・精神的に自己を統合し、「自分とはこういう人間だ」という同一性(アイデンティティ)を確立する段階である。
設問
12
高齢者は、喉の渇きに対する感覚が鈍くなり、脱水状態になっても気がつかないことがある。
正しい答えは『○
高齢者は老化により渇中枢のはたらきが衰え、喉の渇きに対して自覚症状が現れにくい。
設問
13
加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理のうち、自分の行動や失敗を自分以外のところに原因があり都合のよい理由をつけて自分を正当化することを、昇華という。
正しい答えは『×
昇華とは、直ちに実現できない欲求を、価値ある行為に置き換えようとすることである。問題は合理化である。
設問
14
関節リウマチ(rheumatoid arthritis)では、主に明け方になると、手を思うように動かせないなどの症状がある。
正しい答えは『○
関節リウマチは、40~50歳の女性に多く発症する、原因不明の難治性の全身疾患で、初発症状は多くの場合、関節炎による関節腫脹、朝のこわばりなどである。
設問
15
老化に伴い、近方視力よりも遠方視力が低下する。
正しい答えは『×
近方視力とは、近くのものを見る視力、遠方視力とは、遠くのものを見る視力のことである。老化に伴い毛様体筋の収縮力と水晶体の弾力性が低下すると、近方視力が低下する。
設問
16
脱水時の状態として、めまいがみられる。
正しい答えは『○
体内の水分が失われることにより、血液の粘稠性が高まる。その結果、血流がとどこおり、めまいが起きる。
設問
17
認知症(dementia)の高齢者でも、判断力は低下しない。
正しい答えは『×
脳細胞が壊れることにより、判断力が低下する。その結果、そのほかの中核症状とも相まって、周囲で起こっている現実を正しく認識できなくなる。
設問
18
認知症(dementia)と比較した場合のせん妄(delirium)の特徴として、日内変動を認めることが多い。
正しい答えは『○
せん妄の特徴の1つに日内変動があることがあげられる。夜間に症状が強く出ることが多く、睡眠障害を伴うことが多い。
設問
19
アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer's type)に対しては、薬物療法で病気の進行を完全に止めることができる。
正しい答えは『×
認知症症状を一時的に進行抑制するものであり、根治的な薬剤はまだない。
設問
20
前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia)の人によく見られる症状に、ちょっとしたことで泣いたり笑ったりすることがある。
正しい答えは『×
感情(喜怒哀楽)のコントロールが効かなくなり、ほんの少しの刺激で泣いたり怒ったりしてしまう感情失禁は、血管性認知症の特徴的な症状である。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2019

介護福祉士合格アプリ2019
一問一答+過去問題+模擬問題

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2019年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
過去問リリース!!6/26(火)までセール中!
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。