メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 介護福祉士

今日の一問一答

平日毎日更新。力試しとして、日々の勉強の手助けとして…、あなたの受験勉強のスタイルに合わせてご活用ください。

【問題】 介護の基本

2018年04月19日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 指定認知症対応型通所介護のサービスの利用者は、65歳以上で認知症(dementia)のあるものに限られる。
 
2 指定認知症対応型通所介護のサービスの利用者は、原則として事業所のある市町村の住民である。
 
3 訪問看護と小規模多機能型居宅介護を組み合わせて一体的に提供される介護サービスは、複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)である。
 
4 ユニット型特別養護老人ホームのユニットとは、洗面設備と居室の組み合わせのことである。
 
5 小規模多機能型居宅介護の管理者は、医師であることが義務づけられている。
 

【答え合わせ】 介護の基本

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 指定認知症対応型通所介護のサービスの利用者は、65歳以上で認知症(dementia)のあるものに限られる。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
40歳以上65歳未満の第2号被保険者であっても、認知症があり、要支援または要介護と認定された場合には、当該サービスを利用することができる。
2 指定認知症対応型通所介護のサービスの利用者は、原則として事業所のある市町村の住民である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
3 訪問看護と小規模多機能型居宅介護を組み合わせて一体的に提供される介護サービスは、複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
4 ユニット型特別養護老人ホームのユニットとは、洗面設備と居室の組み合わせのことである。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
ユニットとは、「少数の居室及び当該居室に近接して設けられる共同生活室により一体的に構成される場所」であり、単に、洗面設備と居室を組み合わせて構成された場所をいうわけではない。
5 小規模多機能型居宅介護の管理者は、医師であることが義務づけられている。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
小規模多機能型居宅介護事業所ごとにもっぱらその職務に従事する管理者を置くことが定められているが、医師である必要はない。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

介護福祉士合格アプリ2017 過去問題+模擬問題+一問一答

介護福祉士合格アプリ2018
過去問題+模擬問題+一問一答

毎年大好評の介護福祉士受験対策アプリの2018年1月国家試験対応版!
3年分の国試を詳細に解説した「過去問題」、試験の傾向を徹底分析した「模擬問題」、国試過去問を含む「一問一答」で試験対策は万全!
<2019版は2018年6月公開予定です>
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。