メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

できない理由

 当社のスタッフや顧問先の経営者やスタッフと話していて、自己投資の話になることがあります。自分自身が成長するため、新しい資格を取得する、勉強する、何かを経験・体験するときに自己投資が必要になります。そういった勉強する、体験する機会には、多少の費用がかかるときもあります。

 自分が行いたいと興味をもっても、多くの場合は、もう少し給与が上がってから行おう、もう少し落ち着いてから行おうと思うなど、現状のできない理由を先に優先し、先延ばしにすることがあります。

 そういった考えは、それぞれの生活もあるのでやむを得ないときもあります。ただ、現状が行える状況になった、給与も希望額になったとしても、何かしらの入用があり、さらにもう少ししたらというようになり、結局は先延ばしにすることが多くあります。

 このことは、規模は違いますが、起業相談などの際にもあります。あと少ししたら、あと少し金額が貯まったら起業するとの表明に、その時期はいつでしょうか? と尋ねると、3年先や5年先だったりします。

 そうこう悩んでいるうちに機を逸してしまうことも見てきました。さまざまなことにお金は必要になります。ただ、そのお金がないということは見やすい要因です。行わない理由や言い訳にもしやすい理由でもあります。

 例えば、車です。高級スポーツカーが好きで、年収の何倍かする値段でも、何とかして手に入れている人もいます。本当に必要だと思ったら、何とかする、何とかできることのほうが多いと思います。

 それは自分が得たいと思ったものに焦点を合わせること。どうしたら得られるのか? 得られない要因よりも得られるための方法を模索し、実践するからだと感じます。下記の言葉はとても参考になります。

 金がないから何もできなという人間は、金があっても何もできない人間である。

小林一三 

2月27日は鹿児島でセミナーでした。

【前の記事】

具体的に動く

【次の記事】

設立記念日