メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

辻川泰史の介護事業所運営のコツ、教えます

辻川 泰史 (つじかわ やすし)

一期一会の出会いを大切にし、介護のプロとしてサービスを提供する辻川泰史さんによる、これからの事業所運営の指南ブログ。

プロフィール辻川 泰史 (つじかわ やすし)

1978年東京都生まれ。98年、日本福祉教育専門学校卒業。
老人ホーム、在宅介護会社勤務を経 て2002年、(有)はっぴーライフを設立(05年に株式会社化)。08年、(株)エイチエルを設立。現在、コンサルティ ング、講演、セミナーなどでも活躍中。
著書に『福祉の仕事を人生に活かす!』(中央法規、2009年)がある。
はっぴーライフHP
http://www.hl-tokyo.com/
対談ムービー http://www.youtube.com/user/2g66

生き残り

 私が介護事業を開始したのは、2002年9月です。世間はワールドカップで盛り上がっていた時期でした。振り返ると13年が経ちます。当時は「大変」と言っても、今ほどは大変では

なかったなと感じます。人材不足、人材の確保は課題ではありましたが、今ほどではありませんでした。

 利用者様の獲得も同様です。下は、2011年に私が行っていたデイサービス開業セミナーの資料の一部です。約10年で、デイサービスは2万事業所以上増加しています。


 データでみるとよくわかります。現在は淘汰の時代に突入しているのです。2万事業所増えるというのhq、単純に10名定員のデイサービスが2万事業所増加した場合、20万人分のデイサービスの枠が広がり、利用者獲得の競争の激化になります。

 スタッフの確保も同様です。相談員が2万人以上も勤務する選択肢が増えるということです。利用者の獲得と人材の獲得が困難になるのは当然です。

 経営は「人」「もの」「お金」と言われています。最初に「人」そして「もの…サービス」。それを運営していくために必要な「お金…資金」

 増加する介護事業の中で、自社のサービスを必要とする利用者へ自社の情報が伝わっていないという現状。同様に、自社にマッチングするであろう介護スタッフに、自社の方向性が知られていないという現状。同一サービスで、給与や勤務体系の差が出しにくい介護業界では、自社に合ったスタッフに知ってもらうことは困難なのかもしれません。

 ただし、それは時間の問題でもあると感じます。ここ2、3年をどう乗り切るか? 介護報酬が下がり、人材の獲得が困難になり、介護は儲かるという考えで参入してきた企業は撤退していくと思います。介護は想い!というだけで、経営の勉強をしない事業所も淘汰されていくかもしれません。

 淘汰の後に新しい市場が生まれるといいます。

 「あらゆる創造活動は、まずなによりも破壊活動である」とピカソの言葉にあります。

 何を壊すか?どう変化していくか?それを模索し、志をもって経営をしていく。試行錯誤していく。業界を悲観しない。諦めない。勉強していく。希望をもっていく。仲間を信じていく。

 ここ2、3年は自社を自己を見直していき変革していくための土台の時期だと思います。


 風林火山の意味が参考になります。
風:速きこと風の如く。攻めるべき時には風のように早く動く。
林:徐(しず)かなること林の如く。、機会の来るのを林のように準備を整え待つ。
火:侵略すること火の如く。決定し侵攻するときは、火のように進む。
山:動かざること山の如く。動くべきでないと決断した時は、山のようにどっしりと自陣を堅守する。

【前の記事】

スタッフ力

【次の記事】

残念な人