メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

ほじょ犬って、なあに?

橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

身体障がい者の生活を支える、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」。そんな補助犬たちにまつわる話を紹介するコーナーです。

プロフィール橋爪 智子 (はしづめ ともこ)

NPO法人日本補助犬情報センター専務理事 兼 事務局長。
OL時代にAAT(Animal Assisted Therapy:動物介在療法)に関心を持ち、ボランティアをしながら国内外で勉強を始める。1998年、米国DELTA協会(現・米国Pet Partners協会)の「Pet Partners® program」修了。2002年より現職。身体障害者補助犬法には、法律の準備段階からかかわっている。

第173回 ラン×補助犬イベント実施!

 昨日、この春から小学一年生になる息子が、スーパーの買い物帰りに、多目的トイレに入る車椅子の男性の様子をジッと見ていました。何が気になるのかな? と思った時、ドアを開けるのを苦戦しているご様子に、息子の身体がピクリと動き、半歩踏み出したのですが、その後、男性がドアを開けられたので、思いとどまった様子。歩きながら「どうして止まったの?」と聞いたところ、「もし、開けられなかったらお手伝いしようと思ったの。でも大丈夫だったから・・・」と・・・。この「さりげなく見守る」という行為、これがなかなか、今の日本ではできそうでできないのでは? と感じています。それができたわが子をとても誇らしく思い、ここまでの成長を共に支えてくださった保育園の先生方やその他大勢の皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいになりました・・・(親ばかな話で申し訳ありません・・・)。

 さて、29(水)のららぽーとEXPOCITYでの補助犬啓発イベントは、先週ご紹介しましたが、今回は、明日・明後日開催の【ラン×補助犬イベント】のご紹介です♪

補助犬たちはいつもユーザーさんのそばで、
さりげなく見守ってくれています♪

 なんと、元プロ陸上選手の為末大さんが館長を務める【新豊洲Brilliaランニングスタジアム】で25(土)・26(日)にランスタ・スプリングフェスティバルが開催されます! 「テクノロジーとコミュニティの力で、誰もが分け隔てなく自分を表現することを楽しんでいる風景を作る。」これが新豊洲Brilliaランニングスタジアムの運営コンセプトです。誰もが走る喜びを実感できる、全天候型60m陸上競技トラックとパラアスリートを支援する義足開発ラボラトリーが併設された、世界で初めてのユニークな施設です。(ウェブサイトより抜粋 http://running-stadium.tokyo/about/

 とっても素敵なコンセプト、まさに私たちが目指すものと同じ! と感じます。

 さまざまな人が、同じ場所で、同じスポーツだったり、共通の話題だったり、おいしいものを囲んで、楽しい時間を過ごす。その中に、真の気付きだったり、発見、新しい夢が生まれたりするんです♪ 私達もそういう空間作りのお手伝いができること、とっても光栄に思っております♪

 両日とも、補助犬啓発ブースを出展しており、資料配布の他、土曜日は聴導犬デモンストレーション等も予定しております。お隣は、手話ミニ講座ブース♪ 補助犬ユーザーさん達も遊びに来てくださいますので、是非この機会に、新豊洲まで足をお運びください! 障害者スポーツ体験の他、50メートル走測定会、本当に身体が喜ぶ食材のファーマーズマーケット、子ども達は販売体験コーナーも♪ そして、も一つの目玉! 超有名レストランのキッチンカーなど、今までにない素敵なイベント初開催です!

 皆様のお越しを、補助犬たちとお待ちしております♪


補助犬イベントのお知らせ

<ランスタ・スプリングフェスティバル>

http://running-stadium.tokyo/event201703/

 全体のイベントエリアは 10時~17時 さまざまな企画コーナーがあります♪

【essenceブース内 補助犬啓発】

  • 運 営:NPO法人 日本補助犬情報センター
  • 協 力:一社)日本聴導犬推進協会
  • 日 程:2017年03月25日(土)26(日)
  • 時 間:10時~16時
  • 場 所:新豊洲Brilliaランニングスタジアムhttp://running-stadium.tokyo/access/
  • 備 考:一般参加可、入場無料、手話通訳あり

ご寄付のお願い「日本補助犬情報センター」より

 当会のビジョンは、全国民が正しく補助犬法を理解することで、すべての人が安心して活躍できる社会を実現することです。補助犬ユーザーの社会参加推進活動、普及活動、最新情報収集、資料等作成配布、講演会・イベント等、当会の活動はすべて無償で行われております。
 皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

JSDRC(日本補助犬情報センター)ロゴ