社会福祉士合格アプリ2019一問一答+模擬問題+過去問題毎年大好評の社会福祉" /> 今日の一問一答|社会福祉士|受験者応援|介護・福祉の応援サイト けあサポ
メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 社会福祉士

今日の一問一答

平日毎日更新。力試しとして、日々の勉強の手助けとして…、あなたの受験勉強のスタイルに合わせてご活用ください。

【問題】 人体の構造と機能及び疾病

2018年08月22日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)では、身体疾患の診断基準は掲載していない。
 
2 精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)では、多軸診断システムを用いている。
 
3 精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)では、操作的診断基準によって診断する。
 
4 易怒的は、精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)の「躁病エピソード」に記載されている症状である。
 
5 幻覚は、精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)の「躁病エピソード」に記載されている症状である。
 

【答え合わせ】 人体の構造と機能及び疾病

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)では、身体疾患の診断基準は掲載していない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
DSM-5は、精神疾患の診断基準を掲載している。身体疾患の診断基準は掲載されておらず、身体疾患の診断には用いない。
2 精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)では、多軸診断システムを用いている。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
DSM-5は、多軸診断システムではなく、多元的診断を用いている。
3 精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)では、操作的診断基準によって診断する。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
設問のとおり。DSM-5では、操作的診断基準が用いられている。
4 易怒的は、精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)の「躁病エピソード」に記載されている症状である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
設問のとおり。DSM-5の診断的特徴には、「躁病エピソードに不可欠な特徴は、気分が異常かつ持続的に高揚し、開放的または易怒的となる。加えて、持続的に活動または活力が亢進する」と記載されている。
5 幻覚は、精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-5)の「躁病エピソード」に記載されている症状である。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
幻覚が記載されているものとして、特に統合失調症スペクトラムの診断基準があげられる。内容は、(1)妄想、(2)幻覚、(3)まとまりのない会話、(4)ひどくまとまりのないまたは緊張病性の行動、(5)陰性症状のうち2つ以上(そのうち1つは(1)~(3))が1か月間程度ほとんどいつも存在するとされている。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

< div class="g24 sg24 ssg24 fst sfst ssfst">
社会福祉士合格アプリ2019

社会福祉士合格アプリ2019
一問一答+模擬問題+過去問題

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
一問一答コンテンツ リリース! 9月3日(月)までセール中!!
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。