メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » ケアマネジャー

今日の一問一答

平日毎日更新。力試しとして、日々の勉強の手助けとして…、あなたの受験勉強のスタイルに合わせてご活用ください。

2018ケアマネ試験に向け受験勉強スタート!! 信頼度No.1の中央法規出版『ケアマネジャー受験対策商品2018』はこちら!!

中央法規の『ケアマネ受験対策セミナー』で合格へと突き進もう!! 経験豊富・信頼度バツグンの講師陣が合格へと導きます!!

【問題】 福祉サービスの知識等

2018年04月19日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 特定施設入居者生活介護について:外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護は、介護サービス等を外部の指定居宅サービス事業者に委託するものをいう。
 
2 第2号被保険者は、要介護に認定されても、特定施設入居者生活介護を利用できない。
 
3 特定施設入居者生活介護は、居宅サービスとして位置付けられている。
 
4 特定施設入居者生活介護について:特定施設サービスの計画作成担当者は、他の職務と兼務できない。
 
5 特定施設入居者生活介護について:入居者の権利を不当に狭めるような契約解除条件を定めてはならない。
 

【答え合わせ】 福祉サービスの知識等

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

1 特定施設入居者生活介護について:外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護は、介護サービス等を外部の指定居宅サービス事業者に委託するものをいう。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
2 第2号被保険者は、要介護に認定されても、特定施設入居者生活介護を利用できない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
特定施設入居者生活介護の対象者は、要介護1から5のいずれかに認定された第1号被保険者または第2号被保険者である。
3 特定施設入居者生活介護は、居宅サービスとして位置付けられている。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○
4 特定施設入居者生活介護について:特定施設サービスの計画作成担当者は、他の職務と兼務できない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『×
特定施設サービスの計画作成担当者は、業務に支障がない限り、他の職務との兼務は可能である。
5 特定施設入居者生活介護について:入居者の権利を不当に狭めるような契約解除条件を定めてはならない。
あなたの回答『未選択です!
正しい答えは『○

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。