ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
和田行男の「婆さんとともに」 2012年05月

逆切れ

 世の中の出来事に関心を寄せていると「本末転倒」になっていることが多いことに気づくが、身近にもある。
 そのひとつが「婆さんへの暴力・暴言」が「婆さんの暴力・暴言」にすり替えられることだ。



愉快na仲間no爽快na催

 最近、僕の仲間たちが従来の研修会や講演会の枠にとらわれない取り組みを始め出した。これがまた愉しいのだ。



プロフェッショナル

 NHK総合テレビに「プロフェッショナル」という番組がある。
 今、その取材を受けているのだが、その番組の中で出演者に必ず聞くのが「あなたにとってプロフェッショナルとは」で、僕もそれを聞かれた。
 でも、いくら考えても「プロフェッショナルとは」が明確に描けないのだ。



教えて おっちょこちょいの補完方法

 「和田さん、どこにいらっしゃいますか?」
 「えーっ!?!?!?」
 「今日の講演会ですが、もう皆さん集まっていらっしゃいますが…」
 絶対に忘れないようにと思って、何度も何度も自分の中で「今日は何日」って確認し、周りの者にも「今日は何日や」って問いかけていたのに、そもそもの日付を間違えていたため、確認しても意味を成しておらず、主催者や参加者に迷惑をかけてしまった。



ページトップへ
プロフィール
和田 行男
(わだ ゆきお)
高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は大起エンゼルヘルプでグループホーム・デイサービス・小規模多機能ホームなどを統括。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

【ブログ発!書籍のご案内】
new!
和田行男さんのブログ発第2弾『認知症開花支援』が刊行されました。前作『認知症になる僕たちへ』から2年半――。パワーアップした和田行男のメッセージにご期待ください。
定価:¥1,680円(税込)、10月20刊行
→電子ブックで内容見本をご覧いただくことができます
→ご注文はe-booksから
wadaprof3.jpg

和田行男さんのブログ「婆さんとともに」をまとめた書籍が刊行されました。
タイトル:『認知症になる僕たちへ』
著者:和田行男
定価:¥1,470(税込)
発行:中央法規
→ご注文はe-booksから
wadaprof2.jpg

メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大