ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
和田行男の「婆さんとともに」 2010年10月

僕でよかった

 駅のホームに立ち、ふと思った。



歓迎!24時間型在宅支援策の検討

 日経新聞(10月16日朝刊)で報道されていたが、厚生労働省は訪問介護24時間型支援策の新設を検討することにしたようである。
 これが事実なら、やっと自宅で過ごすことを応援する在宅の支援策が拡充されることになる。



重ねて「暴力・暴行」

 おむつ交換のときに暴力をふるわれて困っています。
 暴力をふるう利用者がいますが、どうしたらよいのでしょうか。
 皆さんから「暴力」に関する質問も多いので、改めて書いてみることにします。



重ねて「帰宅欲求・帰宅願望」

 帰宅願望にある方への対応は?
 帰宅欲求のある方への対応は?
 専門職の認知症研修会で事前に質問を書いてもらうと、たくさん出てくるのが帰宅欲求や帰宅願望への対応策である。
 今までに何度もあちこちに書いてきたが、改めて書いてみることにする。



ページトップへ
プロフィール
和田 行男
(わだ ゆきお)
高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は大起エンゼルヘルプでグループホーム・デイサービス・小規模多機能ホームなどを統括。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

【ブログ発!書籍のご案内】
new!
和田行男さんのブログ発第2弾『認知症開花支援』が刊行されました。前作『認知症になる僕たちへ』から2年半――。パワーアップした和田行男のメッセージにご期待ください。
定価:¥1,680円(税込)、10月20刊行
→電子ブックで内容見本をご覧いただくことができます
→ご注文はe-booksから
wadaprof3.jpg

和田行男さんのブログ「婆さんとともに」をまとめた書籍が刊行されました。
タイトル:『認知症になる僕たちへ』
著者:和田行男
定価:¥1,470(税込)
発行:中央法規
→ご注文はe-booksから
wadaprof2.jpg

メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大