ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
秋山映美の「監獄から社会へ」

監獄から社会へ(最終回)

 ブログを始めたちょうど2年前、2つの意味をこめてこのブログタイトルを考えました。

 一つは、「刑務所(監獄)から出所して社会に出てくる受刑者をどのように私たちが受け止めるかということをみんなで考えていきたい」ということ。
 もう一つは、「監獄からの情報やメッセージを社会へ、たくさんの人に届けたい」ということ。



ページトップへ
プロフィール
秋山 映美
(あきやま えみ)
NPO法人監獄人権センター
理事
明治大学大学院法学研究科修士課程を修了。明治大学法学部在学中から、監獄人権センターにボランティアとして参加。受刑者や家族などから届く、月200件にものぼる相談の手紙にボランティアと協力して対応したり、受刑者の現状を世に訴えたりなど、刑事施設内にいる受刑者の人権に関わる活動を続けている。
監獄人権センターHP
 http://cpr.jca.apc.org/
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大