ページの先頭です。

ホーム >> 家庭介護サポーターズ >> 野田明宏の「俺流オトコの介護」
野田明宏の「俺流オトコの介護」

胃ろう交換ドキュメント

 8月15日。母が胃ろう交換をした。実は、今回の胃ろう交換では随分と悩んだ。
 悩みに悩んだ末、結局、胃カメラで確認してもらいながらの交換となった。母が胃カメラを飲んで苦しまないように、ということで西大寺病院の小林院長にお願いして前回は造影剤を入れての交換だったのに。
 ★2月18日&22日の記事を参考にして欲しい★
 しかし、造影剤を入れたら下痢をする人が多いことを後に知った。母がその典型だった。前回胃ろう交換後の数日間、下痢が続きオレは泣きが入った。この酷暑下でオレも夏バテど真ん中。オレもちょっと下痢気味(^_^;)
 なので、母には申し訳なかったのだけれど胃カメラを選択した。
 もちろん事前に相談した。胃ろう担当の奥山看護師からは、眠ってもらうので母に負担はあまりないから大丈夫との声を頂戴したことも追い風だった。
 しかし、オレは弱い。本当に弱い。母に楽をして欲しいと願って造影剤での胃ろう交換を前回は無理を言ってお願いしたにもかかわらず、今回はオレが楽したくて胃カメラでの交換となった。
 オレが、母に対する愛情は本物なのか? 
 今も、答えが出ず終いだ。
 もっとも、母はオレが見ていたかぎり、苦しむことなく胃ろう交換を終えた。胃カメラを口から入れても拒否することもなくスムーズであった。
 小林院長には感謝ばかり。無理なお願いなのに、無理と思わせないほどに気楽にオレの撮影を受け入れてくれた。太っ腹。そして、奥山看護師の笑顔にも救われた。
 さて、この連載も今回が最終回。これまで、オレ流とはいえかなり強引なことも書いてきた。読者方々に参考になったか? 大いに疑問だけれど、この1年と3ヶ月、本当にありがとうございました。
 今回の胃ろう交換ドキュメントは、イメージサンプルとして読者方々の参考になると信じています。
 これから、胃ろう造設・交換を予定されている方々には特に!
 では、以下に写真31枚のドキュメントですが、改めまして長い間ありがとうございました。
 皆さま お元気で。

ベッドへ
last1.png

センサーを指に挟む
last2.png

数値 異常なし
last3.png

点滴パック
last4.png

足に点滴針を確保しようにも血管浮かばずアウト
last5.png

左手に
last6.png

固定
last7.png

眠りへ
last8.png

腹部エコー検査
last9.png

胃ろう抜去のための器具取りだし これを今後の交換でも使用する
last10.png

差し込み前
last11.png

差し込む
last12.png

抜く
last13png.png

抜き去られて 穴が現れる 3時間ほどで閉じる恐れ
last14png.png

古い胃ろう 新しい胃ろう
last15png.png

アッという間に新しい胃ろう装着 
last16png.png

マウスピース装着中
last17png.png

マウスピース
last18png.png

準備完了
last19png.png

胃カメラ準備OK
last20png.png

導入
last21png.png

小林先生 奥山看護師
last22png.png

last23png.png

全体風景
last24png.png

胃はキレイ
last25png.png

胃カメラの先頭が来ているのでピカピカ
last26png.png

ほぼ止血
last27png.png

お疲れさま
last28png.png

15分ほど休息後ベッドから車椅子へ移乗  まだ眠りは深い
last29png.png

胃ろうがちゃんと装着されている写真を頂く
last30png.png

微笑み ありがとうございました
last31png.png



ページトップへ
プロフィール
野田明宏
(のだ あきひろ)
フリーライター。1956年生まれ。約50カ国をバックパックを背負って旅する。その後、グアテマラを中心に中央アメリカに約2年間滞在。内戦下のエルサルバドルでは、政府軍のパトロールにも同行取材等etc。2002年、母親の介護をきっかけに、老人介護を中心に執筆活動を開始。2010年現在、83歳になる母と二人暮らしで在宅介護を続ける。主な著書は『アルツハイマーの母をよろしく』『アルツハイマー在宅介護最前線』(以上、ミネルヴァ書房)など多数。『月刊ケアマネジメント』(環境新聞社)にて、「僕らはみんな生きている」連載中。
http://www.noda-akihiro.net/
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大