ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
和田行男の「婆さんとともに」 2011年01月

謹重

 久しぶりに本格的に緊張した。
 1月28日に出演させてもらった認知症のスーパードクター池田学さんとのトークライブ。来てくれた人たちはどう思ったかはどうあれ、僕はめちゃくちゃ緊張した。

wada2011013102.gif
当日のトークライブの様子(右が池田学さん<熊本大学大学院医学薬学研究部脳機能病態学分野(神経精神科)教授>)



笑える笑えない話

 世の中には、つい笑ってしまうが「笑えない話・笑って済ませられない話」というのがある。僕のところにも、深刻で大問題の笑える話がいっぱい飛び込んでくるのでちょっとだけ紹介したい。



「生活費自己負担」は「ふつうの生活」

 次の介護保険制度改正論議が正念場を迎える。まずは介護保険法そのものについて国会での議論が始まり、法制度の枝葉の改定作業は今年が本番となる。
 いろいろと思うところはあるが、まずは基本的なことを整理してもらいたい。



新年早々のありがたや

 2011年1月11日。なんとなく、こういう日に「違い」を感じるのは僕だけやろか。数字の形って面白いね。
 お正月明けに今日のためのブログ記事を書いたが、アップするのはやめることにした。理由は、昨日起った出来事を書きたくなったからだ。



2011年

 2011年 今年のスタートです。
 一応主義の最たるもののようでいやなのですが、何はともあれ「明けましておめでとうございます」からはじめることとします。



ページトップへ
プロフィール
和田 行男
(わだ ゆきお)
高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は大起エンゼルヘルプでグループホーム・デイサービス・小規模多機能ホームなどを統括。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

【ブログ発!書籍のご案内】
new!
和田行男さんのブログ発第2弾『認知症開花支援』が刊行されました。前作『認知症になる僕たちへ』から2年半――。パワーアップした和田行男のメッセージにご期待ください。
定価:¥1,680円(税込)、10月20刊行
→電子ブックで内容見本をご覧いただくことができます
→ご注文はe-booksから
wadaprof3.jpg

和田行男さんのブログ「婆さんとともに」をまとめた書籍が刊行されました。
タイトル:『認知症になる僕たちへ』
著者:和田行男
定価:¥1,470(税込)
発行:中央法規
→ご注文はe-booksから
wadaprof2.jpg

メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大