メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

福祉現場のための感染症対策入門 感染症の基本知識から新型コロナウイルス対応まで

感染対策のスペシャリスト
松本哲哉先生監修!!

感染症・食中毒対策の基本が身に付く!
新型コロナウイルスに対する40のQ&Aで不安を解消!

 本書は、福祉現場で働く専門職の皆さまに向けて、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症対策の基本や食中毒の知識をわかりやすくまとめた1冊です。
 今現在(2021年)、新型コロナウイルスがクローズアップされていますが、インフルエンザやノロウイルスの集団感染、食中毒の発生は、在宅でも施設でも毎年発生しますし、完全に防ぐことはできない永遠の課題の1つです。
 新型コロナウイルスで感染症に対する意識が高くなっている今だからこそ、イチから感染症の基礎を学んでほしいという思いを込めて本書を制作しました。
 本書を読んで備えておくことで、感染症の流行シーズン、とりわけインフルエンザやノロウイルスの流行時でも自信をもって福祉現場で働くことができるようになります。

在宅でも施設でも感染症対策が重要

本書、9ページより

ウイルスや菌をキャラクター化

 イチから学んでいただくために、こだわったのが、誰もが理解できるようにわかりやすく伝える工夫です。最大の特徴がウイルスや菌のキャラクター化です。
 福祉現場で働く介護職や保育士さんが学習しやすいように、本来は目に見えないウイルスや菌をキャラクター化してとっつきやすくすることで、楽しくわかりやすく学ぶための仕掛けとしました。突然、凶暴化する新型インフルエンザウイルスや施設で最も怖い存在であるノロウイルスなども、インパクトの強いキャラクターで表現し、印象に残るように工夫しています。

ノロウイルスに要注意

本書、64ページより

新型コロナウイルスに関するQ&A

 本書は、オーソドックスな感染症対策の入門書ですが、時節柄、新型コロナウイルスの知識も必要不可欠です。そこで、

「感染しない・させないために役立つQ&A」
「感染した疑いがある人に関するQ&A」
「感染してしまった場合に役立つQ&A」
「接触確認アプリ(COCOA)」

以上の4つの項目を40のQ&Aで解説しています。

 例えば、訪問介護事業所で陽性者が発生した場合の職場での対応についてなど、いざという時に慌てないためのQ&Aを厳選しました。さっと読んでおくだけでも、不安の軽減に役立ちます

事業所内研修に最適

 実際に感染症が発生した場合の対応をどうするか、職員がその対応方法を共有しておくことが大切ですので、ぜひ年間の研修計画に位置付け、本書を活用した感染症対策の研修を行い、職場内の情報共有に役立ててほしいと思います。
 また、キャラクター化などの工夫で、個人で学習する際にも十分に理解できるつくりになっています。その分、基礎的な内容が多く、もう少し深く知りたいという思いには応えられないのですが、なによりもまずは基礎固めが重要です!
 入門書として、はじめの1冊として、本書をぜひご活用ください。

 第1編集部 中村強