メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑の施設長。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

「人間にとって最強の敵は自分である」

 五月病という言葉があります。病名ではありませんが、新年度が始まって1か月が過ぎ、緊張や疲れが出てきて、なんとなく憂鬱だったり、やる気が起きないような状態をいいます。

 特に、リーダーや管理職の方などは、常に気が張っている状態が続きますから、心が折れないように気をつけなければいけません。

 組織とは問題の集合体です。問題が起きることを嘆いても意味がない。時間の無駄です。“問題が起きるのは当たり前”と理解することが大事です。

 リーダーシップについて、精神論が否定されがちな時代になりました。
 私は周りの人たちからよく「山口さんのメンタルの強さは尋常じゃない」と言われます。たしかに私は若い頃、空手の世界に身を置き、来る日も来る日も苦しい練習に明け暮れていたので、そこでかなりの精神力がついたと思います。

 では、スポーツや格闘技の選手がメンタルが強い理由は、苦しい練習に耐えるからでしょうか。だとしたら、なぜ苦しい練習に耐えられるのでしょう。そのきっかけをつくったのは、何でしょうか。
 私は「言葉」だと思います。強い気持ちをもつきっかけになったのは、誰かの考え方、助言、それらを「言葉」として聞き、解釈したことで、強い気持ちをもつようになったのではないかと思うのです。

 私が高校生の頃、夏休みに道場の合宿に参加しました。当時の私は青い帯。黒帯の先輩は神様だと思っていました。
 合宿で道場の責任者である師範が言ったことを今でも覚えています。
 「強いから黒帯なんじゃない。嫌なことも、苦しいことも、我慢できる。だから黒帯は強いんだよ。だから合宿の最中は、『できない』という言葉は言わないようにしよう。なんでもまず『できない』と思わないでやってみる。分かりましたか?」
 私は感激して「押忍!」と元気に答えました。

 私はこれ以来、会社勤めをしている今でも「できない」という言葉を言わない。とりあえずやってみる。そして、うまくいかないことを絶対に、人や環境のせいにしない。
 うまくいかないなら、それは自分に責任がある。努力が足りないのかもしれない。
 そう思うようにしています。

 作家で経営コンサルタントのスティーブン・R・コヴィーは、「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である」という言葉を残しています。

 人間にとって最強の敵は、ライバルでも上司でも社会でもない。自分自身の心の弱さ。これこそが、最強の敵です。

 うまくいかないことは、人や環境のせいじゃない。人や環境のせいにしているリーダーなんてダサい!
 自分自身と向き合う勇気をもとう!

新刊のお知らせ(編集部より)

このたび、山口晃弘氏の著書が発行されました!
テーマは、介護現場の「リーダーシップ」と「人材育成」です。

現場の職員から「一緒に働きたい!」と思われる人気者リーダーになるために、役立つ知識、使えるツール、心揺さぶられるエピソードが満載の一冊です。ぜひ、ご一読ください!

介護リーダー必読!
元気な職場をつくる、みんなを笑顔にする リーダーシップの極意
定価 本体2,000円(税別)
A5判、218ページ
ISBN978-4-8058-8278-8