メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

山口晃弘の超幸齢社会の最幸介護術

山口 晃弘(やまぐち あきひろ)

超高齢社会を実り多き「幸齢社会」にするために、
介護職がすべきこととは?
元気がとりえの介護職・山口晃弘が紡ぐ最幸介護術。

プロフィール山口 晃弘 (やまぐち あきひろ)

介護福祉士、介護支援専門員。1971年、東京都生まれ。高校卒業後、設計士、身体障害者施設職員を経て、特別養護老人ホームに入職し、介護職・生活相談員を務め、その後グループホームの管理者となる。
現在、社会福祉法人敬心福祉会 千歳敬心苑の施設長。著書に『最強の介護職、最幸の介護術』(ワニブックス、2014年)がある。

著書

『最強の介護職、最幸の介護術』
『最強の介護職、最幸の介護術』

「強さは愛だ!」

 新型コロナウイルスの影響は、病院や介護施設などにも大きな不安とダメージを与えています。実際に感染者が出てしまった病院などが、どれだけ大変な思いをされているかと思うと心が痛みます。心よりお見舞い申し上げます。

 私たちのような介護施設では、ご利用されている方が要介護状態にある高齢者であるため、ウイルスを持ち込んでしまったら命に直結します。私たち職員が、どれだけの緊張感のなかで働いているか、ご理解いただけるとありがたいです。

 新型コロナウイルスの影響で、いまはみんなが不安です。

 卒業式、入学式、入社式、結婚式など…。
 人生の節目になることまで中止や延期。
 ウイルスは人の心や思いまで、蝕んでいきますね。

 こういう状況になって見えてくるのが人の醜さです。
 とにかく世の中は、人を責めてばかり、誰かのせいにしてばかり。

 何が正しいかなんて誰もわからない。
 わかっていたらこんな状況になっていない。

 「政治が悪い」「あいつはだめだ」「あり得ない」「非常識だ」など…。
 まるで、“だるまさんが転んだ”のように、動いた人を一斉攻撃する社会。
 私はそういう体質の社会に嫌気が差します。

 それよりみんなで助け合っていくことを考えなければいけない。
 様々なイベント、スポーツジムや遊技場、カラオケや教室など人の集う場。
 いまは自粛したほうがいいのは当たり前だけれど、止まってしまったら小さな会社は潰れてしまう。
 ウイルスで死ななくても、お金がなくて死ななければならない人が出てきてしまう。
 そういう会社、そういう人たちをどうすれば助けられるのか、みんなで知恵を出し合わなければ…。

 もっと人に優しい世の中に。
 もっと人を思いやったり、協力し合う世の中であってほしい。

 人を差別したり、マスクを求めて争ったり、人の弱みにつけこんで高額で物を売ったり。
 ウイルスはいつか薬で治せるけれど、人の混乱や醜さは薬では治せない。