ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
宗澤忠雄の「福祉の世界に夢うつつ」 2013年12月

千葉県袖ケ浦の虐待死亡事件

 千葉県袖ケ浦福祉センター養育園で、知的障害のある人への虐待死亡事件がありました。もし、この虐待事案からただちに障害者施設一般の問題点をあげつらう向きがあるとすれば、虐待防止に資する教訓を何も明らかにすることのできない議論だと考えます。この事案は、千葉県社会福祉事業団に運営委託された県立施設ならではの問題が虐待の発生関連要因を成しているのではないでしょうか。



要約筆記者養成ステップアップ研修

 今年度の障害者総合支援法の施行により、都道府県・指定都市・中核市では要約筆記者養成が必須事業となりました。この日曜日、さいたま市社会福祉協議会で開催された要約筆記者ステップアップ研修に、「社会福祉の歴史と理念・障害者福祉」の担当講師として参加しました。

munesawa_1218.jpg
さいたま市社会福祉協議会要約筆記者ステップアップ研修



この子たち

 今週の月曜日、諫早で開催された長崎県障害者虐待防止研修会に講師として参加しました。長崎には島部が数多くあるため、宿泊を含む研修を余儀なくされる参加者もおられます。全体で370名程度の参加者は、研修への集中力を切らすことなく、熱心に参加されていました。

munesawa_1211_1.jpg
長崎県障害者虐待防止研修会



二つの調査結果から

 札幌で開かれた権利擁護セミナー(北海道知的障がい福祉協会主催)に講師として参加しました。寒さの厳しい北海道の各地から、250名もの支援者が集まり、熱のこもったセミナーとなりました。このセミナーの基調報告は、二つの調査結果を用いて重要な指摘をしていました。

munesawa_1205_1.jpg
北海道・人権擁護セミナー



ページトップへ
プロフィール
宗澤忠雄
(むねさわ ただお)
大阪府生まれ。現在、埼玉大学教育学部にて教鞭をとる。さいたま市障害者施策推進協議会会長等を務め、埼玉県内の市町村障害者計画・障害福祉計画の策定・管理等に取り組む。著書に、『医療福祉相談ガイド』(中央法規)、『成人期障害者の虐待または不適切な行為に関する実態調査報告』(やどかり出版)等。青年時代にキリスト教会のオルガン演奏者をつとめたこともある音楽通。特技は、料理。趣味は、ピアノ、写真、登山、バードウォッチング。

【宗澤忠雄さんご執筆の書籍が刊行されました】
タイトル:『障害者虐待 その理解と防止のために』
編著者:宗澤忠雄
定価:¥3,150(税込)
発行:中央法規
ご注文はe-booksから
障害者虐待 その理解と防止のために
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大