ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
宗澤忠雄の「福祉の世界に夢うつつ」 2012年11月

障害者虐待と成年後見-支援つき意思決定の重要性

 先日、埼玉司法書士会主催の「障害者虐待防止法と成年後見業務」という研修会に講師として参加しました。わが国の成年後見制度は、障害者権利条約第12条との関係において、後見類型の廃止を含む抜本的な改善に向けた過渡期にあります。
養護・介護の長期性と共依存



秋たけなわの大分で

 この11月6~7日に、全国知的障害者施設家族会連合会全国大会in大分が開催されました(以下、団体名称を「全施連」と略)。基調講演者の小賀さん(北九州市立大学教授)とともに、私はシンポジストとして参加しました。
写真1小賀さんの基調講演



仁淀川

 先週ご報告した高知県知的障害者福祉協会の研修会の折に、日本一の清流仁淀川に立ち寄りました。この河のすばらしさの一部にすぎませんが、どうぞ、私の画像からご堪能ください。

munesawa1105_1.jpgまさに仁淀ブルー



ページトップへ
プロフィール
宗澤忠雄
(むねさわ ただお)
大阪府生まれ。現在、埼玉大学教育学部にて教鞭をとる。さいたま市障害者施策推進協議会会長等を務め、埼玉県内の市町村障害者計画・障害福祉計画の策定・管理等に取り組む。著書に、『医療福祉相談ガイド』(中央法規)、『成人期障害者の虐待または不適切な行為に関する実態調査報告』(やどかり出版)等。青年時代にキリスト教会のオルガン演奏者をつとめたこともある音楽通。特技は、料理。趣味は、ピアノ、写真、登山、バードウォッチング。

【宗澤忠雄さんご執筆の書籍が刊行されました】
タイトル:『障害者虐待 その理解と防止のために』
編著者:宗澤忠雄
定価:¥3,150(税込)
発行:中央法規
ご注文はe-booksから
障害者虐待 その理解と防止のために
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大