ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
宗澤忠雄の「福祉の世界に夢うつつ」 2010年11月

最終答申に向けて-さいたま市条例づくり

 去る11月16日に、さいたま市「ノーマライゼーション条例(仮称)」に係る最終回の条例検討専門委員会が開催されました。ここで決定された条例要綱(案)によってパブリック・コメント(11月18日~12月17日)に入り、12月21日の障害者施策推進協議会における最終答申へ向かいます。

101122.jpg
最終回の条例検討専門委員会



車いすのディープな世界

 秋空の下、「介護の日」の11月11日に、私の授業では車いす介助について学ぶ機会を設けました。

101115_1.jpg
キャンパスの中で移動に支障をきたす箇所を体験的に探る



ラジオを買ってしまった

 私は未だテレビの地上デジタル放送への対応を済ませていません。そこで、アンテナやチューナーなどの機材と予算の相談に大手家電量販店に足を運んでみることにしました。でも地デジ対応にそそられることなく、「緊急警報放送対応」ラジオだけ買って帰ってきました。

101108radio.JPG



「すべてのカメラは美しい」が…

 冒頭から畏れ多くて恐縮ですが、このブログ・タイトルは、写真家の荒木経惟氏の著書『すべての女は美しい』(大和書房、2001年)をもじりました。
 中古カメラ店に私が立ち寄る際は、まず入口付近で胸はときめき眼がらんらんと輝きます。次に、入店すると店内に陳列している方々のカメラ・レンズから「とうは立っているけど、あたしはまだまだいける口よ」「ねっ、お兄さん、手に持って覗いてよ~」と一斉に声をかけられているようで、思わず「よしよし」と応えてしまいそうになるのです。

101101.JPG
今は亡きMINOLTAの名玉“G-ROKKOR 28mm f:3.5”をつけたBESSA-R



ページトップへ
プロフィール
宗澤忠雄
(むねさわ ただお)
大阪府生まれ。現在、埼玉大学教育学部にて教鞭をとる。さいたま市障害者施策推進協議会会長等を務め、埼玉県内の市町村障害者計画・障害福祉計画の策定・管理等に取り組む。著書に、『医療福祉相談ガイド』(中央法規)、『成人期障害者の虐待または不適切な行為に関する実態調査報告』(やどかり出版)等。青年時代にキリスト教会のオルガン演奏者をつとめたこともある音楽通。特技は、料理。趣味は、ピアノ、写真、登山、バードウォッチング。

【宗澤忠雄さんご執筆の書籍が刊行されました】
タイトル:『障害者虐待 その理解と防止のために』
編著者:宗澤忠雄
定価:¥3,150(税込)
発行:中央法規
ご注文はe-booksから
障害者虐待 その理解と防止のために
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大