ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
宗澤忠雄の「福祉の世界に夢うつつ」 2011年01月

「時流に乗る」ことはやめましょう

 神田神保町には、1895(明治28)年に日本での活動を「開戦」した日本救世軍本営が置かれています。救世軍は、戦前と戦後を通じて地道な取り組みを重ねてきた数少ない団体の一つです。

110131.JPG
日本救世軍本営-神田神保町



風景を愛でる

 風景を愛でることは、障害のあるなしにかかわらず、心和むひとときです。眼科通院の帰途、検査のための瞳孔を開く薬効が切れるまでの間、読書をすることもできず、新宿御苑に立ち寄りました。

01.JPG
新宿御苑のユリノキ



一元的物差しと商業的ステークホルダー

 大学入試センター試験の監督業務を終えたばかりです。大雪と強風のため、日本海側を中心に、試験開始時間の繰り下げ措置を余儀なくされた試験会場も出ましたが、試験の実施に大きな混乱はなく終了しました。受験生の皆さん、本当にご苦労様でした。

110117.JPG
大学入試センター試験会場



値段のあれこれ

 年末年始はさまざまな買物の出費がかさむ時節です。出費を抑えるために「お値打ち品」を求めようとするのは人の常です。それでも、私のように故郷の習慣どおりに正月の餅は「丸餅」でなければならないと考えてしまうと、必ずしも思うようにことが運ぶわけではありません。生活保護に定める年末一時金の支給も、「健康で文化的な最低限度の生活」にふさわしいお正月を迎えるためには特別の支出が避けて通れないことを認めたものです(ただ、現行の支給金額は低すぎると思います)。

110111.JPG
東京スカイツリーを見上げて合羽橋道具街へ



ページトップへ
プロフィール
宗澤忠雄
(むねさわ ただお)
大阪府生まれ。現在、埼玉大学教育学部にて教鞭をとる。さいたま市障害者施策推進協議会会長等を務め、埼玉県内の市町村障害者計画・障害福祉計画の策定・管理等に取り組む。著書に、『医療福祉相談ガイド』(中央法規)、『成人期障害者の虐待または不適切な行為に関する実態調査報告』(やどかり出版)等。青年時代にキリスト教会のオルガン演奏者をつとめたこともある音楽通。特技は、料理。趣味は、ピアノ、写真、登山、バードウォッチング。

【宗澤忠雄さんご執筆の書籍が刊行されました】
タイトル:『障害者虐待 その理解と防止のために』
編著者:宗澤忠雄
定価:¥3,150(税込)
発行:中央法規
ご注文はe-booksから
障害者虐待 その理解と防止のために
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大