ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
宗澤忠雄の「福祉の世界に夢うつつ」 2010年01月

キツツキのように甦る-ボーッと佇んでみること

 この2~3日どうも体調がすぐれないと思っていたら、夕方から発熱しました。医療機関の検査ではインフルエンザ(A型、B型ともに陰性)ではありませんでしたから、この間小生と関わりのあった人たちにおかれましては、その点についてどうかご安心くださいますように。
 それでもブログを書いている? そこまで熱意をもっているのか? いえ、こんな時だからこそ、短く書いておきたいことがあったのです。それは、ときとして「ボーッと佇んでみる」ことに意味があるということです。そう、寒いさなかにギジバトが羽根を膨らませて、空気を溜め込み、じっと温まろうとするように。

1.jpg
写真1 空気を溜め込んで佇むキジバト-埼玉大学キャンパスで



世代間継承における「希望」と「絶望」

 秋から冬にかけて毎年、埼玉大学キャンパスを訪れる鳥たちがいます。彼らは、悠久の時を超えて、北部アジアと日本の間を渡り続けてきました。
 しかし、現代の人間は悲しいことにそのように生きることができません。私は今埼玉県に居住して大学に勤めていますが、父は大阪に生まれ育った商社マンで、祖父はといえば、大阪の谷町(相撲界にいう「タニマチ」の語源です)に居を構える生粋の大阪商人でした。「宗澤家の人々」はわが国の近代化において、共通項のほとんどない生き方をしているといえそうです。すると社会変容のスピードがはやくなればなるほど、親や先行世代から何を継承しているのか、戸惑いや「絶望」のようなものが先に立つような気がしてならないのです。

(画像はすべて、埼玉大学キャンパスにて1月17日撮影)

mune10012101.gif
写真1 ジョウビタキ♂

mune10012102.gif
写真2 ジョウビタキ♀

mune10012103.gif
写真3 ツグミ



希望の回廊――湯本香樹実著『西日の町』(文春文庫)から

 写真は川越氷川神社の境内の一角です。さながら庶民の「願いの回廊」ともいうべき光景でしょう。この神社は「縁結びの神様」ともいわれてきましたから、吊られた絵馬に書き込まれたさまざまな願いには、受験合格や家内安全などに混じって、良縁への祈願がいささか多く見られるようです。

mune10011401.gif
写真1 「願いの回廊」-川越氷川神社境内

mune10011402.gif
写真2 縁結びの神社にふさわしく



ともにみんなの「夜明け」を-社会開発とノーマライゼーション その2

 新年を迎えました。明けましておめでとうございます。
 今年は、さいたま市の条例づくりの真価が問われる一年となりそうです。この条例づくりによって、「障害のあるすべての人によるすべての人権及び基本的自由の完全かつ平等な享有を促進し、保護し及び確保すること」と「障害のある人の固有の尊厳の尊重を促進すること」(「障害者の権利条約」第1条-川島聡・長瀬修仮訳による、以下同様)の実質的な前進をはかることができればと願っています。それは、みなさんの知恵と力を合わせて、新しい時代の「夜明け」をともに迎えることを意味します。

mune10010501.gif
写真1 2010年元旦の御来光。左の高層ビル群はさいたま新都心

mune10010502.gif
写真2 元旦の御来光に映える富士山



ページトップへ
プロフィール
宗澤忠雄
(むねさわ ただお)
大阪府生まれ。現在、埼玉大学教育学部にて教鞭をとる。さいたま市障害者施策推進協議会会長等を務め、埼玉県内の市町村障害者計画・障害福祉計画の策定・管理等に取り組む。著書に、『医療福祉相談ガイド』(中央法規)、『成人期障害者の虐待または不適切な行為に関する実態調査報告』(やどかり出版)等。青年時代にキリスト教会のオルガン演奏者をつとめたこともある音楽通。特技は、料理。趣味は、ピアノ、写真、登山、バードウォッチング。

【宗澤忠雄さんご執筆の書籍が刊行されました】
タイトル:『障害者虐待 その理解と防止のために』
編著者:宗澤忠雄
定価:¥3,150(税込)
発行:中央法規
ご注文はe-booksから
障害者虐待 その理解と防止のために
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大