ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
宗澤忠雄の「福祉の世界に夢うつつ」 2013年07月

どこに行き着くのか?

 この1週間は、社会保障・社会福祉をめぐる二つの重要な報道に接しました。一つは、2012年度の児童相談所虐待対応件数が66、807件(速報値)に達したことで、もう一つは、社会保障国民会議が介護保険制度から要支援を分離することを含めた負担増の報告素案をまとめたというものです(7月26日朝日新聞朝刊)。



障害のある人の参政権

 公職選挙法の改正により、昨日の参議院選挙から成年被後見人も選挙権を行使できるようになりました。長年にわたる当事者・関係者の願いと政治的権利の実現は、障害者の権利条約の批准に向けた意味を含めて、大きな前進だと考えます。



支援者のアンサンブル

 先日、静岡県沼津市にある社会福祉法人あしたか太陽の丘の支援者の皆さんと障害者虐待防止研修をともにしました。3時間に及ぶ講演の後、有意義な質問がフロアから多数寄せられました。
 
munesawa_0716_1.jpg
あしたか太陽の丘研修センターで



事務量が増え続ける

 「事務山積 医師の重荷に」と題し、日本対がん協会会長の垣添忠生氏は、医師の事務負担の増大が医療の発展を妨げ、医療不信を増大しかねない問題を指摘しています(7月1日付読売新聞朝刊)。これは、医療だけでなく、教育や福祉の現場にも共通に見られる大問題なのではないでしょうか。



ページトップへ
プロフィール
宗澤忠雄
(むねさわ ただお)
大阪府生まれ。現在、埼玉大学教育学部にて教鞭をとる。さいたま市障害者施策推進協議会会長等を務め、埼玉県内の市町村障害者計画・障害福祉計画の策定・管理等に取り組む。著書に、『医療福祉相談ガイド』(中央法規)、『成人期障害者の虐待または不適切な行為に関する実態調査報告』(やどかり出版)等。青年時代にキリスト教会のオルガン演奏者をつとめたこともある音楽通。特技は、料理。趣味は、ピアノ、写真、登山、バードウォッチング。

【宗澤忠雄さんご執筆の書籍が刊行されました】
タイトル:『障害者虐待 その理解と防止のために』
編著者:宗澤忠雄
定価:¥3,150(税込)
発行:中央法規
ご注文はe-booksから
障害者虐待 その理解と防止のために
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大