ページの先頭です。

ホーム >> 福祉専門職サポーターズ >> プロフェッショナルブログ
和田行男の「婆さんとともに」

読眺の一冊

 一冊の本がこの世に出た。
 その本の名は『認知症の人の歴史を学びませんか』

続きを読む

 その本の著者は宮崎和加子さん。
 出版社は中央法規。
 そしてこの本に絶大な力を寄せた写真の撮影者は田邊順一さんである。
 僕がお手伝いをし、僕の仲間が出したから言うわけではないが「この本が広まらないようならこの国は終わりやな」と思えた本だ。
 この国で「認知症」に取り組んできた32名の人たちにインタビューをし、どのようなことを経て今があるかを、証言や出来事に基づいて伝えようとしたものだ。
 田邊さんはフリーの写真家で、1985年に『老い-貧しき高齢化社会を生きる』(平凡社)で施設に生きる認知症という状態にある人々の生きる姿を世に投げかけたが、その本はすでに絶版。その時の写真がふんだんに使われているのだから、超貴重なヒトコマひとこまである。
 僕のような者が言葉で伝えるのはおこがましい。ぜひ手にしていただき、じっくり読んで・眺めてほしい。きっと広めたくなるから。
 ちなみに、価格は定価2100円。
 この本を「読みたい・眺めたい」と思える介護の専門職が腐るほどいることを願ってやまない。いや、医療職にもどんどん広まってほしいと願うばかりである。
 僕が専門学校など教育課程に従事する者ならば、学生には絶対に読ませ・眺めさせる。僕が管理者ならば、職員はもとより利用者・入居者家族にも広める。家族懇談会や運営推進会議で活用するなど、あらゆる機会を通してこの本から「今の介護」に逆に問題を投げかける。いやこうして問題を投げかけているのだ。
 いつかこのことで著者の宮崎さん、写真家の田邊さんと語り合う場をつくってみたい。


コメント


 ほんの紹介ありがとうございます。早速手に入れたいと思います。
 私はごくごく地方に住んでいますのでこういう専門書はなかなか手に入らないのです。amazon経由ですから高くつくのですが・・・。でも、こうして手に入れた本で、失敗したことはありません。全国の仲間と想いを共有でき、初心に帰れるるチャンスです。いい本があったらまた紹介してください。


投稿者: シマシマ | 2011年02月08日 08:59

 早速ですが、師匠、
 その企画1回は、宮崎和加子さんの故郷山形で、ぜひ、させていただきたいのですが。
 10月か、11月ころいかがでしょう?


投稿者: 山○県のitou | 2011年02月08日 09:20

山○県のitouさんへ

ありがたいお言葉。早々に宮崎さんにお話をしてみますね。時期は10月がありがたいです。
連絡先を中央法規出版に教えておいてください。


投稿者: わだゆきお | 2011年02月09日 01:08

 想いとか、考えとか、こうしたいとか、いいわけとか、なるべくなるべくそういう余計なものを取り除いて、頭を空っぽにして眺め読みはじめてみています。


投稿者: ばーばら | 2011年02月12日 01:59

※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
和田 行男
(わだ ゆきお)
高知県生まれ。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ大転身。特別養護老人ホームなどを経験したのち99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は大起エンゼルヘルプでグループホーム・デイサービス・小規模多機能ホームなどを統括。2003年に書き下ろした『大逆転の痴呆ケア』(中央法規)が大ブレイクした。

【ブログ発!書籍のご案内】
new!
和田行男さんのブログ発第2弾『認知症開花支援』が刊行されました。前作『認知症になる僕たちへ』から2年半――。パワーアップした和田行男のメッセージにご期待ください。
定価:¥1,680円(税込)、10月20刊行
→電子ブックで内容見本をご覧いただくことができます
→ご注文はe-booksから
wadaprof3.jpg

和田行男さんのブログ「婆さんとともに」をまとめた書籍が刊行されました。
タイトル:『認知症になる僕たちへ』
著者:和田行男
定価:¥1,470(税込)
発行:中央法規
→ご注文はe-booksから
wadaprof2.jpg

メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大