ページの先頭です。

川村匡由の人生設計ゆとりサロン 2010年04月

大学と生涯学習

 最後は大学ですが、大学によっては地域の住民を対象にした生涯学習よりも、学生の国家試験の合格者の数をいかに上げるかということの方に力が入りすぎ、「生涯学習社会」の形成への社会貢献にイマイチのところも少なくないように思われますが、いかがでしょうか。



生涯学習を学ぶには

 前回では生涯学習の必要性について記しましたが、国民はどこで生涯学習を学ぶことができるのでしょうか。



わが国の生涯学習、および社会福祉施策は今

 それにしても、今、なぜ、大学に「生涯学習社会」の形成への社会貢献が求められているのでしょうか。



生涯学習世代のための大学教育の機会の増加を

 本サイトの編集氏に昨年春、本サイトの新企画として「時事から学ぶシニア人生」をテーマに、メディアやインターネットで取り上げられた時事問題を通して、シニア世代に対し、今後、アクティブな人生を送るうえで参考となるようなエッセイを執筆していただけないか、と依頼を受けました。



ページトップへ
プロフィール

kawamura2.jpg
川村匡由
(かわむら まさよし)
社会福祉学者・博士(人間科学・早稲田大学)、行政書士有資格、福祉デザイン研究所所長。シニア社会学会理事、世田谷区社会福祉事業団理事、元大学基準協会評価委員、元社会福祉士試験委員。

主著に『地域福祉とソーシャルガバナンス』(中央法規出版)、『社会保障論(編著)』、(ミネルヴァ書房)、『人生100年"超"サバイバル法』(久美出版)など。山岳紀行家としても知られており、本サイトで「山歩きのすすめ」などを寄稿している。

川村匡由+福祉デザイン研究所のホームページ http://www.geocities.jp/ kawamura0515/

50代からの人生設計
メニュー
バックナンバー

文字の拡大